2018.07.05 母に同情
母が今年の春に化粧品を通販で買いました。
1部上場の大手化粧品会社の商品です。

勘違いして、2回同じものの代金として、
振り込んでしまったようです。
すぐにメーカーから連絡があり、
返金するとのこと。

その際に、返金手続きのハガキを郵送されるので、
記載の指示に従って手続きするように、
言われていたようです。

先日、そのハガキが届きました。
ところが、見て驚きました。
返金手続きをするためには、
携帯(スマホ)からQRコードを読み取るか、
パソコンで複雑なURLを手入力して打ち込まないとできないようでした。
どちらかをして進むと、メーカーから返信メールが届き、
そのメールで銀行口座などの個人情報を入力するというものでした。

確かに、複雑にしてセキュリティを高める狙いもあるのでしょう。
でも、母も80手前の高齢者。
もう、ハガキを見ただけで「無理」と思ってしまったそうです。
それはそうでしょう。
ガラケーだしホームページの見方もしらないような世代です。

仕方がないので、僕が代わりに手続きをし、
返金はしていただきました。
でもな・・
高齢者だと、こんな手続き全くできない人も多いはず。

セキュリティも重要だけど、
もっと相手のことも考慮した、
優しく易しい社会になってほしいな・・って、
感じます。


tani


2ヶ月ほど前だったか、
印刷関連の会社が突然会社を解散しました。
従業員に話を聞くと、
数日前に突然告白されたとのこと。

以来、その会社の社員たちはたいへんで・・
残務整理に追われていました。
しかも、次の職場のことも考えなくてはなりません。
でも、社員たちは私たち出入り業者に迷惑がなるべくかからないよう、
懸命に処理をしているようでした。

解散から数日後、1通の封書が届きました。
解散した会社の同業で、全国区の大手です。
解散した会社の業務を引き継ぐとして、
新たに北海道支店を開設したようです。
しかも、なんと、
支店長には解散した会社の社長が名を連ねていたのです。

計画的だったのでしょう。
はじめから、そのような話ができていたのでしょう。

似たような話が、以前にもありました。
札幌にあったこちらも印刷関連の会社で、
当初、すごく羽振りがよかった印象がありました。
2代目の息子が社長になり、大きな高級車を乗り回し。
小さな仕事は面倒そうにいやいや感たっぷり。

何度か仕事を依頼しましたが、
どうしても肌に合いません。
それから一切仕事の繋がりは持ちませんでした。

それから数年・・
その会社も廃業したのです。
しかも、突然に。

そして、同業者だった大手の会社の役員として、
すぐに転職したようです。
風の便りで聞きました。

自分だけ良ければ、それで良いのでしょうか?
従業員たちの将来は、どうでも良いのでしょうか?
法律に触れなければ、何をやっても良いのでしょうか?

騙したら、騙される。
利用したら、利用される。
裏切ったら、裏切られる。

そういう世の中の仕組みとか、
人生の法則みたいなものって、
僕は、あると思う。


tani


2018.07.01 新体制
今日から7月。
2018年の後半がスタートしました。
いろいろな、期待と不安を抱えつつ・・
動きます。

社内の体制が、明日から大きく変わります。
昨年末に定年を迎えた社員が1人いたのですが、
今年の12月までのもう1年間、再雇用をしていました。
ところがその社員が通勤途中に事故にあい・・
体調も思わしくなく、
7月20日で正式に退職することになりました。

それに伴い、その社員が担当していた仕事を、
人事異動で別の社員が務め、
新たに1人を採用することにしました。

売り手市場の昨今。
なかなか決まらないかなと危惧していましたが、
ラッキーなことに最適な経験者が現れ採用することができました。
いよいよ、明日から出社です。

また、社内の経理・財務に関する処理も、
一斉に変えました。
10人くらいの小さな会社なので、
経理や財務に関しては効率化とはいえ僕の負担が増します。
やるっきゃありません。

今回の社内移動に関して、
納得し賛同してくれた社員に感謝です。
明日からの新体制のもと、
みんなで、この苦境を乗り越えていこうと思う。

頼むよ!!


tani

2018.06.30 ぷち撮影会
PB
ちょっと前だったか、
札幌でワンコのぷち撮影会があったようで、
妻が友人と行ってきました。

00A_5070_0535_convert_20180630185029.jpg

プロの撮影だから、やっぱり上手。
撮影した写真をたくさんメールでいただけました。

00A_5121_0549_convert_20180630185110.jpg

プチョは、白髪も目立つようになりましたが、
元気な7歳で本当に良かった。

00A_5103_0543_convert_20180630185051.jpg

ゴマは、まだまだやんちゃな2歳ですが、
もうすぐ誕生日。
お祝いしてあげようと思う。

この子たちが家族になり、
我が家に潤いができたと感じます。
小さなこの子たちの存在感の大きいこと。

00A_5116_0547_convert_20180630185141.jpg

そして、やっぱり・・
僕にとって、特別な存在は、
この子かな。

人に気持ちがわかる、
本当に賢い子。
たくさんの、勇気と元気をもらっています。

感謝。


tani

数日前の夕方、クライアントに向かいました。
そこの場所は、娘が通う大学から数キロしか離れていない、
とても近い場所にありました。

もしかして、タイミング良いかもって何気に思い、
ダメ元で早速娘に「今どこ?」ってLINEしてみました。
すぐに返信があり、
「いま授業終わったところ!」というではありませんか。

娘は電車とバスを乗り継ぎ、
1時間以上かけて通学しています。
今回はせっかくタイミングも良かったようだし、
待ち合わせして迎えにいくことにしました。

そして今日。

朝、娘から、
「バスが遅れて電車に間に合わなかった」と、
メッセージがありました。

娘は自宅からバスに乗り、
電車の駅まで行きます。
そこで電車に乗り換え学校に行っていました。

今日、娘からメッセージがあった時、
偶然にも、娘が利用している駅から数分のところにいたのです。
しかも、この後に娘の大学のすぐそばの、
先日のクライアントに向かうところだったのです。

娘も僕も運が良いというかラッキーというか、
偶然ではありますが、
本当にグッドタイミングでした。

もちろん、大学まで送ってあげました。
少しだけ遅刻はしてしまいましたが、
なんとか行けて良かった。

車中でいろんな話もできたし、
ちょっと嬉しい時間でした。


tani

2018.06.27 懐かしい
数日前、妻がクライアントのイベントのお手伝いに行きました。
お手伝いと言っても、アルバイトです。
そのクライアントは、僕が二十歳から7年くらい務めた会社で、
その会社で妻と出会い結婚しました。
ありがちな、社内結婚でした。

妻は1年半くらいしか務めていなかったのですが、
当時の同僚や上司もまだいらっしゃて、
とても懐かしく良い経験だったようです。
なにせ、25年くらいお会いしていない人もいて、
話も弾んだようでした。

どちらかと言うと、妻はテキパキと仕事をこなす方で、
少しはお役に立てたのなら、僕も嬉しい限りです。

バイトから帰ると、いろんな話を聞かせてくれました。
僕はしょっちゅう仕事でお会いしているのですが、
久しぶりに当時の状況が蘇ってきたのでしょう。

その会社には、僕が退職しても、
いまだに親しくお付き合いさせていただいています。
昔は同僚だったので、内情とかもそれなりに知っています。

なんだかんだ言って・・
妻も僕も、その会社のことが好きなのです。
スタッフの方も上司の方も、
もちろん社長も、すごく人情味のある方ばかり。
とっても、感謝しています。

今は、当社の大切なお客様でもありますが、
絶対に、裏切れない会社だと、
いつも感じながら仕事をしています。

今は大変厳しい状況が続いていますが、
お互いに切磋琢磨しつつ、
一緒に発展していけたら嬉しく思う。


tani

会社宛てに、いろんな調査の依頼があります。
先日も、届きました。
産業実態調査で、
政府管轄の公的な調査です。

IMG_3614_convert_20180626233014.jpg

郵送物の中に、
オリジナルの名入れしたボールペンも同封してありました。
はっきり言って、経費の無駄。
全くもって、必要ありません。

ボールペンを同封することで、
回答率でも上がると思ったのでしょうか?
ノベルティ感覚でもらった人が喜ぶと思ったグッドアイディアでしょうか?
認識が幼稚過ぎ。
誰が考えたのでしょうか?
経産省のスペシャルエリート官僚でしょうか?

ボールペン1本の経費は、
確かに僅かな経費でしょう。
でも、数が数です。

これ税金です。
私たち国民から吸い上げている、
血税です。

こんなくだらない予算を使うくらいなら、
もっともっと大切な使い道があるだろう。

お役所のお偉い方々の認識の甘さを露見した調査だと、
言わざるを得ない。
ほんと、情けない。

もちろん僕は・・・
自社のボールペンで即日回答して投函しました。


tani

> /body>