FC2ブログ
2011.04.06 東電の責任
今回の原発事故に関して、
東京電力の損害賠償は巨額になると言われています。
原子力損害賠償法(原賠法)に基づき国も一部負担する事を決めました。

原賠法では、避難した方々をはじめ、
風評被害の農家や漁業関係者も含まれ、
その額は数兆円になると予想されています。

そもそもこの原子力政策は国も推進して進められてきたわけで、
東電だけの責任ではなく、国も負担する事は納得できます。
東電の経営が危ぶまれる事があれば、
被災地をはじめとした日本全体に大きな動揺が広がることになり、
それは決してあってはいけません。

僕が気になるのは・・
その責任の取り方です。

国が負担・・とは言うものの、
結局は、国民が負担していく事になると思うのです。
決して、負担したくない・・と言っているのではなく、
寧ろ国民全体で復興に向けて助け合いながら、喜んで負担しようと思います。

政治で混乱が起きると、
そのツケはいつも国民が負担していると感じます。

政治家や企業の社長の何か問題が発覚した場合、
引責辞任して責任を取ってきたつもりかもしれません。
でも、辞める事で本当に責任を取った事になるのだろうか。
僕には疑問です。

今からこんな話をするのは場違いかもしれませんが、
近い将来、東電の現社長は今回の責任を取る意味で、
身を引く事になるだろう。

仮に引責辞任しても、
責任を取ったとは僕には思えない。
ある意味、責任を取らないで辞めた・・とも言えるのかもしれません。

一日も早く今回の事故が収束して、
一日も早く、誰もが納得できる責任をきちっと取ってほしいと思います。


tani


関連記事
Secret

TrackBackURL
→https://marks123.blog.fc2.com/tb.php/251-bf78425c
> /body>