FC2ブログ
2020.03.18 卒業式
卒業式や入学式が中止になったり規模を縮小したりと、
子どもたちと親に大きな影響が出ています。
これは、大変残念なことであり、心痛めています。

厳重な警戒体制で実施するところもあるようですが、
全員がマスクに消毒。
友だちとの距離をあけ、代表の子だけが卒業証書を受け取る。
さらに、校歌も演奏だけ。

一番可哀そうなのが、やはり子ども本人。
突然の休校で、そのまま学校生活を終える子もいます。

卒業式や入学式は、
人生の中でも大変大きな節目の日。
将来、当時を振り返って・・・
壁を乗り越えたり勇気や元気をもらったり、
その時の親の笑顔だったりを思い出すこともあるでしょう。

仕方がないことかもしれませんが、
「そんなこともあったね」って、
笑顔で話せる時が来ることを心から願っています。

一方、親にとっても、
大きな節目に変わりありません。
我が子の成長を、そういう場面で実感することでしょう。

恥をされせば、
僕は自分の子どもの卒業式当日、
嬉しさで感極まり、号泣してしまいました。
それだけ、親にとっても大変重要な節目の日なのです。

切ない経験をしてきた子どもたち。
まさに仲間としてワンチームで、
試練を乗り越えて行ってほしいと願うと同時に、
お互いの心の絆を感じるように思います。


tani

関連記事
Secret

TrackBackURL
→https://marks123.blog.fc2.com/tb.php/2121-79369750
> /body>