FC2ブログ
北海道のニセコ地区は、
外資の莫大な資本が入り、
大開発が続いています。

全国区というよりも世界的な活況で、
そこは異国をも感じるほどの状態が長く続いています。
今なお、大規模な投資案件が進行中です。

2年前に行った時は、
コンビニはほぼ外国人でした。
駅前も、日本を忘れるほど、
昔とは様変わりをしていました。

ものすごいスピードで開発が進んでいる中、
僕は少々懸念をしていました。
だって、このままずーっと上昇していくことは、
ありえないと思っていたからです。

株価や景気の同行が示すような、
波動の法則というものがあります。
それを、私たちはあのバブルで、
学んでいたのではないでしょうか。

そのニセコ地区で、
ちょっと気になる動きが見られています。
これまでたくさんの外国人が訪れていたのですが、
2〜3割が本州に流れているようなのです。

ニセコを訪れる外国人の目的の大半が、
世界中のなかでも屈しと言われる雪質でした。
弾頭とはいえ今でも健在ではなりますが、
宿泊施設をはじめとした価格の上昇が顕著なのです。

世界の富裕層を相手にしている施設ですので、
価格も高騰するのでしょうが、
それにも限度というものがあります。

どこかで歯止めをかけないと、
取り返しのつかない状況になってしまうのではと、
憂慮しているのです。

北海道の魅力は、
なんと言っても大自然と食でしょう。
決して、富裕層を相手にした豪華な施設ではないように、
僕は感じます。
なので、IRにも、反対の立場。

大切な素晴らしいこの北海道の魅力を、
後世に残していくことも、
今を生きる私たちん大切な使命なのだと感じます。

tani

関連記事
Secret

TrackBackURL
→https://marks123.blog.fc2.com/tb.php/2100-5f9195e5
> /body>