FC2ブログ
2019.08.15 8月15日に思う
8月15日。
終戦の日。
お盆。
そして、母の誕生日でもありました。

日本は先の戦争で・・
爆撃や飢餓、病気などにより300万人以上が亡くなりました。
たくさんの尊い命が奪われた現実を、
悲しい歴史として決して忘れてはいけません。

今日の私たちの幸せや平和は、
たくさんの御霊のお蔭と言っても過言ではありません。

休み中に5箇所のお墓参りに行き、
ご先祖さまに、日々の感謝。

お盆と終戦の日が8月15日で同じということに、
なにか意味があるように思えてなりません。

私たちのご先祖さまは、
戦争を経験し、
それを乗り越えて今の時代を築き上げてきました。

今の平和は、決して当たり前のものではありません。
雨風を凌ぐ場所があり、
食べ物に困ることはほとんどありません。

ほんの70年ほど前には、
他国と戦いをして殺し殺されの地獄を経験。
たった、70年です。

今では十分に満たされているはずなのに、
あれが欲しい、もっと欲しいと、
なかなか満足できません。

こんな豊かな時代だからこそ、
感謝と知足の心を忘れてはいけません。

これで良いのか。
間違っていないか。
そう、我が身を振り返る。

8月15日は、そんな日でもあるような気がします。


tani


関連記事
Secret

TrackBackURL
→https://marks123.blog.fc2.com/tb.php/2041-6779a3d2
> /body>