FC2ブログ
高齢者の車の事故が、後を絶ちません。
今後の人口動態予測が示す通り、
今後益々増加することが懸念されています。

都市部ならまだ、
スーパーや病院も近くにあるのでさほど問題もありませんが、
地方都市では、そうはいきません。
車がないと、生活に大きな支障が生じることは明白です。
そのようなこともあり、
高齢者の免許返納を強引に進めることはできません。

この問題はとっても難しいことだと感じています。
しかも、本人は運転に支障はないと思っているケースも多く、
その判断基準もばらばらです。
本人に委ねるしか、今はありません。

では、どうしたら良いのか。

地方都市の交通状況を精査し、
手段の確保が急がれることは報道の通りです。
それだけではなく、
やはり高齢者でも車の運転が安全にできる方法も、
視野に入れる必要があるように思います。

例えば、
自動ブレーキシステムなどの安全装備が搭載の車を、
ある一定の年齢以上のドライバーに必須にするとか。
ボタンを押せばハザードランプが点滅し、
速やかに安全な場所に自動停車する装置を開発するとか。
量産すれば、価格も下がることでしょう。

日本は高齢化では世界で最も進んでいる国であり、
車社会を牽引していく役割があります。
車メーカーもそういうところの投資を惜しみなく、
大至急で取り組み必要があるように感じます。

待った無しの、大きな問題なのですから。


tani



関連記事
Secret

TrackBackURL
→https://marks123.blog.fc2.com/tb.php/2011-1700360d
> /body>