FC2ブログ
先日、ある知人に辛いできごとがありました。
そしてフッとした瞬間に、
気付いたそうです。

「な〜んだ、そういうことか」って。
自分に足りないことを、
気がつくためにこのできごとはあったのだって、
そう、思ったそうです。

私たちいは、日々いろんなできごとに遭遇します。
良いこともあれば、辛いことだって、
よくあります。

問題は、辛いできごとがあった時、
どう思うか。
どう行動するかではないでしょうか。

よく、意味のないできごとはないと言いますが、
本当にそうだと思うのです。
前述した方のように、
きっと、なにかに気づくべきであり、
そこから、なにかを学ぶ必要があるのです。

気付かないまま放置して、
一旦は静まりそのまま進んでいくこともできるでしょう。
でも、そこから学ばない限り、
必要なことに気付かない限り、
また次に、同じような試練が怒るものです。
しかも、その時は、前回よりも重たく難題になって。

一方、そこから学べた時、
「な〜んだ、そうだったのか」って、
出来事に意味に気付くものです。

その時、人は、
一回り成長できるのではないでしょうか。

ピンチはチャンス。
この言葉にも、
そのような意味が込められているのかもしれません。


tani

関連記事
Secret

TrackBackURL
→https://marks123.blog.fc2.com/tb.php/2007-32e43ee8
> /body>