FC2ブログ
2018.12.14 命日
昨日は、祖父の命日でした。
例年の今頃の札幌はすでに結構な降雪もある時期なので、
命日にお墓参りはなかなかできていませんでした。

昨日、お墓のある墓地から6キロほどの場所に行くことになりました。
しかも、今年は雪がとても少ない。
これはチャンスと思い、お墓まで行ってきました。

IMG_4116_convert_20181214204300.jpg

少し積もってはいましたが、
革靴でも全く問題ないレベル。
無事に手を合わせてきました。

昨日の朝、出勤前に両親のところにある仏壇に線香をあげました。
その時に、母から祖父に関するある話を聞き、
祖父の存在をとても身近に感じていました。

なので、お墓参りに行った時、
祖父に見守られている気がしたのです。
きっと、見ていてくれている。
守ってくれている。
そう、感じました。

祖父はお寺の偉い住職さんのところに養子に入りました。
つまり僕のご先祖様は、そのお寺の住職でもあるのです。

そのようなこともあり、
祖父は仏教の世界に精通していたのでしょう。
きっと、天国でも、
修行に精進しているのかもしれません。

昨夜は僕が代表を務めるある中小企業家の団体の忘年会でした。
一つひとつ役割をこなしていくなかで、
いつも学びがあります。

代表の挨拶もしないといけません。
話すことを考える中で、今年1年を振り返ったり。
参加者の皆さんといろんな話ができたり。
そしてまた、次のお役割が増えたり。

今生も、日々精進ですね。

じいちゃん、いつもありがとう。


tani

関連記事
Secret

TrackBackURL
→https://marks123.blog.fc2.com/tb.php/1929-0e70a0b5
> /body>