FC2ブログ
2018.12.05 インバウンド
札幌には大勢の外国からの観光客があります。
いわゆるインバウンドです。
それが、胆振東部地震以降、
ほとんの見かけなくなってしまったのです。

観光が大きな産業になっている札幌そして北海道において、
とても大きな問題です。
これも、風評被害でしょうか。

震災直後に、
金融機関系のある経済評論家の話を聴く機会がありました。
熊本地震を例に、回復するまでには、
1年くらいかかるだろうと予測していました。
その時は、僕もそう感じていました。

それが、少しずつ・・
回復傾向にあるように思うようになりました。

たまにススキノに行く機会があるのですが、
ここ1ヶ月、アジア系の観光客を多く見かけるようになりました。
そして今日、ある忘年会でススキノでした。
そこには、震災前とは言いませんが、
かなりの外国人を見かけたのです。

確かに、国が支援している復興割の役割も、
大きいでしょう。
そして何よりも、
大きな余震がほとんど起きていないということではと、
感じます。

かと言って、私たちは史上初のブラックアウトを経験しました。
決して、安心安全が確約されたわけでもありません。
自然災害を忘れることなく、
この国に住み続けていくしかありません。

師走に入り慌ただしい日々が続きますが、
このまま静かに、年の瀬を迎えられたらと願っています。


tani


関連記事
Secret

TrackBackURL
→https://marks123.blog.fc2.com/tb.php/1925-7c37b92e
> /body>