FC2ブログ
2018.10.27 喜捨
神社へのお賽銭を、インターネットでもはじめたという話が、
最近テレビの報道で知りました。
遠方にありその場に行くのが困難な方には、
とても便利な手段なのかもしれません。
でも僕は、それはちょっと違うような気がするのです。

私たちは、いろんな執着心といいうものが必ず存在します。
お金であったり地位であったり、
物へのこだわりであったり様々です。

その執着心というのが厄介で、
あまりに執着心が強いと、
それにばかりこだわってしまうものです。
まわりが、見えにくくなってしまうものです。

もっと言えば・・
本当に大切なものやことが、
見えなくなってしまうことも多々あります。

神社に行って願い事と一緒にお賽銭を入れ、
神様にお願いするためのお金という意味も、
確かにあるのかもしれません。
でも、それだけではないのです。

「喜捨(きしゃ)」という言葉があります。
喜んで、捨てると書きます。
お賽銭には、この喜捨の心が大切だと言われています。
それはなぜか。

お金は、私たち人間にとって、
多い少ないは別として必ず執着があるものです。
そのお金であるお賽銭と一緒に執着心も捨てるのです。

IMG_4002_convert_20181027172957.jpg

お賽銭箱に入れる時、
「えい!」と心で放り投げるのです。
すると、「シャリン」とお金の音がして、
気持ち新たにスッキリ心を切り替えることができるのです。
だから、喜んで、捨てるのです。
お賽銭箱はこのような形をしているのには、
そのような意味もあるのです。

金額の多い少ないの問題は、ありません。
自分の執着心が喜んで捨てられる範囲で、
良いと思っています。

冒頭に述べたインターネットだと、
このような大切な本来の行為が、
どんどん失われていくような気がしてなりません。


tani


関連記事
Secret

TrackBackURL
→https://marks123.blog.fc2.com/tb.php/1905-49e32ae0
> /body>