FC2ブログ
5日も深夜まで残業で、帰宅したのは時が変わった、
6日の0時30分過ぎだったでしょうか。
それから入浴し、新聞を読んでから読書。
それは、いつもの日常でした。

そのまま、ソファーでうとうとしてしまいました。
そして、6日の3時8分。
北海道胆振東部地震が発生しました。

ものすごい揺れで・・
悲鳴をあげる娘の部屋に行きました。
「大丈夫!」
「大丈夫!」
僕はそう大きな声で言いました。

揺れも落ち着き妻も飛び起きてきて、
その光景に唖然としました。
食器がたくさん落ちて割れていました。
下に暮らす両親のところは、
それほど大きな被害はありませんでした。

AM3時30分。
まだ電気が点いていたので、
僕はひとりで会社に行ってみました。

いろんなものが落ちて散乱していたので、
片付けをはじめました。
それから間も無く、電気が消えました。

しかたがないので自宅に戻り、
娘に懐中電灯を持ってもらい会社に行きました。
すると、ひとりの社員が突然会社に現れたのです。
心配でちょっと顔だしてくれたようです。

その気持ちが、
とても嬉しかった。

それから数時間後。
集まれる社員が出社してくれ、
散乱したものを一緒に片付けてくれました。
午後には自宅待機にし、
夜を迎えました。

まだ停電でしたので、
昨夜はランタンとろうそくのあかりで過ごしていました。
でも、我が家のところは20時過ぎに電気が開通。
暖かいコーヒーを飲んで入浴もできました。
灯りと電気のありがたさを、改めて実感です。

IMG_3888_convert_20180907195231.jpg

まだ電気が開通していない昨夜の札幌。
一部、電気が開通しだしたところが出はじめたころでしょうか。
こんなに暗い夜の札幌は、初めてみました。
普段あまり見えないたくさんの星を、
不思議な気持ちで見ていました。

今朝は、全社員が出社してくれました。
お客様との約束を守るために、
いま、自分たちでできることは懸命にやろう。
その思いで、みんな頑張ってくれました。

会社の向かい側はまだ停電しているようだったので、
「携帯の充電できます!」と、大きく紙を貼り出しました。

夕方、全員帰宅です。
また明日、2人の社員が出社してくれることになりました。
ありがたい。

今の札幌は、僕が思う感じでは、
停電のところが半分以下になっているような気がします。
でも、明日には開通する目処もついたようです。
よかった。

今日の報道で知りましたが、
僕の住んでいる東区の震度は6弱だったようです。
経験したことにない、
ものすごい揺れでした。

今日、札幌市内を仕事でまわりました。
やっている会社も多く、
まだ電気が開通していない会社も多くありました。
信号も、ところどころついていません。
慎重に、ハンドルを握りました。

いま、とても心配なのは、
ガソリンと食材。
スタンドはほとんど営業していませんが、
空いているスタンドは長蛇の列。
2時間待ちは当たり前で、給油制限があります。
タンクローリーがこないと、
在庫がなくなると終わり。

スーパーも食材や生活必需品がほぼ完売で、
空いているコンビニにも人が駆け込み、レジはすごい人。
やはり、ガソリンがすごく重要な気がします。
流通が動き出すと、食材も出まわることでしょう。

今日は、電車も動きだしました。
たぶん、来週には動き出すような気がします。

それもこれも・・・
大きな余震が来なかったらという前提ですが。

これ以上、被害が広がりませんように。
大きな余震が、きませんように・・
そう、ただただ祈るのみです。

こういう時だからこそ・・・
平常心


tani

関連記事
Secret

TrackBackURL
→https://marks123.blog.fc2.com/tb.php/1883-f64580f6
> /body>