FC2ブログ
東京オリパラに関連し、
サマータイム制導入が議論されています。
猛暑の中で競技するのは過酷で危険が伴うので、
時間を1〜2時間早めようというものです。

関係者によると、
この制度を導入すると帰宅時間も早まり、
経済効果もかなり期待できるとのこと。

それは、僕は甘い考えのように感じます。
それに、話の観点が違うように思えてなりません。

少しでも涼しい環境の中でマラソンなどの競技をしたいなら、
マラソンだけの時間を早めたらいい話ではないか。
確かに、選手にしたらその1〜2時間の調整は大変だろう。
だからと言って、
日本中を巻き込んでサマータイムを導入することには、
どうしても納得ができません。

そもそも僕は、東京オリパラを招致することに反対でした。
日本全体を考えた時に、
そんなことをしている状況ではないだろうと思えたからです。
その思いは、今でも変わっていませんでも、
決定してしまったことです。
このことに関しては進んでいくしかありません。

ただ・・
東京オリパラの開催のためにサマータイムを導入するのは、
絶対に視点がずれています。

近年の猛暑は特にひどい。
じゃあ涼しい時間の開催にしましょう。
これでは、あまりにも単純な話ではないか。
呆れます。

そういう問題より先に、
どうしてここまで異常な猛暑が続くのかを、
根底から考える必要があるように思えてなりません。

気候が変わったからそれに合わせて私たち人間の生活も変えましょうではなく、
どうして気候が変わってきてるのかを考え、
根本的な問題を議論し対策をとっていかないと、
正しい解決には至りません。
問題を先延ばししたその場しのぎの対策にしかなりません。

しかも、サマータイムで体調の問題も指摘されています。
導入の議論なんかする時間とお金があれば、
もっと優先順位の高い山積みしている問題に向けるべき。

声を大にして言いたい。


tani

関連記事
Secret

TrackBackURL
→https://marks123.blog.fc2.com/tb.php/1872-93421768
> /body>