FC2ブログ
2018.05.20 深山の桜
誰かが見ているからやる。
そうではなく、
誰もいなくても、誰かが見ていなくても、
何事も直向きに取り組みたいものです。

例えその時に報われなくても、
継続は力なり。
絶対に、無駄にはなっていないはず。

他の人から評価されたいがために、
都合の良い時にだけ取り繕ってやり過ごす。
たまたまうまくことが運んで、
そんな世渡り上手な人がいるものです。

限られた一生ということを考える時、
人の評価ほど頼りなく、
当てにならないものはないのではないだろうか。

もっと自分らしくありのままの自分で、
他人の目を気にしないで日々を大切に生きていく方が、
尊い生き方なのではないだろうか。

今の時代、確かに結果が求められるのも理解できます。
綺麗ごとではすまない実情というのもあるでしょう。
でも、自分の信念だけは、
決して曲げてはいけないように思うのです。

「あれを見よ、深山(みやま)の桜、咲きにけり、
真心つくせ、人知らずとも」

自分を見失いそうになった時、
深山の桜を、
思い出したいと思う。


tani

関連記事
Secret

TrackBackURL
→https://marks123.blog.fc2.com/tb.php/1826-ba3e12cb
> /body>