FC2ブログ
東京五輪のエンブレムが、
とうとう白紙撤回されました。
当然だと思うし、寧ろ遅すぎた感じがします。

この問題は、同じデザインという分野に携わる者として、
以前から注視していました。
浮上した当初は、
正直、佐野氏が少々気の毒にも感じました。

デザイナーの多くは、
いろいろなデザインから刺激を受け、
そして自分の感性で表現しています。

ロゴタイプのデザイン書だって、
行きずまった時には役立ちます。
とても素晴らしい完成されたデザインで参考になるからです。

ただ今回は、次々と疑惑が浮上していく中で、
明らかにやり過ぎなことは明らかです。
自身でも、一部だけは認める発言もしています。

盗作だったかどうかは、正しい答えはひとつしかありません。
それは別として、すごく気になるのは・・
コンペ自体のあり方です。

今回デザインコンペに参加できたデザイナーたちは、
全国的にも素晴らしい実績のある優秀な方々です。
佐野氏も、そうだったのでしょう。

ただ、審査で1位に選ばれた佐野氏に、
修正を依頼した意図が分かりません。
「躍動感を出して・・」とか修正依頼をし、
佐野氏は再提出しました。

でも本来は、修正依頼をすべきではなかったのではないか。
修正が必要なデザインなら、残念ながら、
対象から外すべきではなかったのか。
2位の人、そして3位の人って、
選出するべきだはなかったのか。

修正依頼を繰り返し・・
もうこれは、公平で平等なデザインコンペではありません。
ある意味、結論ありきの談合のようなものだと、
思われても仕方がありません。

修正依頼した理由として、
佐野氏のプロモーションが素晴らしかったことを、
会見で述べていました。
そんなことは、言い訳にしかなりません。

プロモーションより、
まず第一優先して検討し決定するべきは、
エンブレムのデザインなのです。
プロモーションは、その次で良いのです。

今回の東京五輪は、
メイン会場の設計変更の問題そして今回と、
日本だけの問題ではありません。
世界を巻き込んだ日本の恥なのです。

今更だけど・・
東京五輪は誘致すべきではなかった。
先ずは、大震災からの復興を、
絶対の第一優先として実行するべきだった。
僕は内心、そんなことを思うのです。


tani
関連記事
Secret

TrackBackURL
→https://marks123.blog.fc2.com/tb.php/1275-09c5b861
> /body>