FC2ブログ
電力自由化に伴い、
契約数が減少している北海道電力。
いよいよ来月から首都圏に参入するようです。

いち企業としてそれはそれでわからないでもないのですが、
問題は、その価格です。

東電よりも安い価格に設定され、
しかも、北海道と比べると月1000円以上も安いそうです。

北海道は、日本一電気代が高いと言われています。
電力自由化以前は道民に北電以外の選択肢がなく、
止むを得ず高い電気代を払い続けてきました。
今でもそうです。

首都圏で安い電気代を設定し売り上げを伸ばす以前に、
道民の電気代を安くすることの方が、
先に考えるべきことではないだろうか。

自分たちのことだけを考えるのではなく、
公共料金という意味において、
社会的な責任や立場をもっと考えるべきではないだろうか。


tani

> /body>