FC2ブログ
先日なにげにテレビを見ていたら、
おもしろい取り組みをしている学校が紹介されていました。
確か、中学校でしたでしょうか。

まず、宿題がないのです。
教師から「これをしてきなさい」的な意味合いの、
いわゆる宿題。
これがないと、自主的に、自分の課題をみつけ、
勉強する子が増えているそうです。

また、中間・期末テストも廃止したそうです。
ただ、単元ごとのテストはあるようですが。
それでも・・
プレッシャーのかかる中間期末テストがないというのは、
生徒にとって、自分のペースで勉強ができ、
結果的に、本人の身に付くそうです。

なるほど・・って、
感心して見ていました。

昨夜遅くに帰宅した娘が言いました。
「今日はこれから勉強・・」
「明日、すごく大変なテストなの」
「一夜漬けだな・・」って。

そこで僕は、先に述べた面白い取り組みの学校を、
思い出したのでした。
テストがないということは、
一夜漬けみたいな勉強方法をしなくても良いですよね。
これから将来、「一夜漬け」という言葉自体、
使われなくなっていくのかもしれません。

でも、なにかちょっと、
それでは寂しいような気持ちもあります。

決して、テスト前日の一夜漬けが良いとは思いません。
でも、なにか青春の思い出として、
悪い思い出にはなっていないような気がするのです。
良い思い出ではないかもしれませんが、
ほろ苦い、思い出という感じでしょうか。

娘のことを大変だなとは思いましたが、
これも青春のほろ苦い思い出として、
記憶に残っていくのだろうなって、思う。


tani


> /body>