FC2ブログ
2019.02.17 セコマ
先日の14日の夜、
僕が代表をしている中小企業団体の例会がありました。
今回はコンビニのセコマの社長にお越しいただき、
講演会を開催しました。

経営者のみならず、社員の方々の参加も多く、
約180人という大変たくさんの方にご参加いただきました。
さすが、時のひとです。

「震災で見えてきた、セコマの強み」という題で、
(↑僕が考えた^^;)
胆振東部地震の際に脚光を浴びた神対応の話から、
災害に備える危機対応など、
実に多岐に渡ったお話しをお聞きしました。

地元地域に対する愛や商品開発にかける思い。
商品には社長自身が自ら現地に赴き、
厳選された商品を大量に安く買い付け、
大変安く消費者に提供されています。

僕は講演前の控室や懇親会で、
社長とずっと一緒でした。
その姿、対応は、実に素晴らしかった。
あの、腰の低さ。
本当にびっくりで、感動しました。

開会にあたり、僕は挨拶をしました。
その中で、「面授」(めんじゅ)ということに触れ、
今回の講演は貴重な機会であることをお伝えしました。

面授とは、
直接ご本人からお話しを聞き、学ぶ。
簡単に言うとそういう意味です。

たくさんの書物や、その話を聞いた方からの又聞きからでも、
確かに学べることは多いでしょう。
でも、やはり大切なこと本質的なことは、
ご本人から直接聞いてはじめて学べるものです。

その方の声やイントネーション、
言葉と言葉の間であったり。
ジェスチャーだったり、
もっと言うなら、その場の空気感。

こういうこともトータルで感じ、
はじめて最も大切なことを学べる気がします。

消費者の満足度ランキングでコンビニ部門では、
毎年、セコマが選ばれています。
全国一です。

道民で良かったって、
誇りにも感じます。
益々、セコマのファンになりました。

丸谷社長、
本当にありがとうございました。


tani


> /body>