FC2ブログ
2018.10.03 沖縄知事選
9月30日に投開票された沖縄知事選挙。
普天間飛行場の辺野古移設に反対する玉城氏が、
政府与党自民党などが推薦する佐喜真氏を破り当選しました。
推薦どころか、
与党の総力戦とも言えるくらい強烈に推し進めた候補です。

与党としては絶対に負けられない選挙であり、
全国的にも注目された選挙でした。
もちろん、沖縄には特別な思いがある僕も注目していました。

結果は、前回の知事選と同じでした。
これは、普天間の辺野古移設に対して、
県民が「ノー!」と明確に答えを出したことになります。

前回は、与党が完全に敗北したにもかかわらず、
普天間の危険を除去するために辺野古に移設するとの立場で、
強引に推し進めました。

確かに、辺野古移設は日本と米国の約束事です。
でも、県民の民意はどうなるのでしょうか?
移設に関して、
米国と約束する前に、
しっかりと県民の声を聞いたのでしょうか?

安倍氏は、どこの最高責任者なのでしょうか?
日本の総理大臣ではないのでしょうか?

今回の選挙結果で、
特に僕が注目したのは無党派層の動向です。
無党派層の70%以上が、玉城氏に票を入れたのです。

政党に縛られない無党派層の大半が、
辺野古移設に反対なのです。

選挙結果をうけた自民党の二階幹事長が、
「県民の審判を厳粛に受け止め、
敗因をよく分析し、県民の期待に応えられるよう、
努力していきたい」と述べました。

敗因?
そんなこともわからないのでしょうか?
あなた幹事長??

県民の多くは辺野古移設反対。
だから、完敗したのです。
こんな単純な敗因を分析するまでもないだろう。

今度こそ、県民の声をしっかりと丁寧に聴き、
お互いが納得のいく着地点を探ってほしい。
それが、政府の役割だろう。

確かに簡単なことではありません。
でも、そこを目指さないといけないのです。
それが・・
今まで沖縄にいろんなことを押し付けてきた、
政治家の責任なのです。


tani

> /body>