FC2ブログ
先週、札幌市内のスーパーセンターで、
5cmの縫い針が刺さった食材が多数発見されました。

そこは「トライアル」という大きなスーパーで、
札幌市内にいくつか店舗を構えています。
比較的安く、扱っている商品も多いことから、
市民もよく利用しているスーパーです。

お肉やパン、バナナなど、日常的に買う食材から、
今回の針混入が発見されました。

食品に異物混入事件は、
全国的にも後を絶ちません。
恐ろし事件です。
ここ札幌でも今年、いくつか発覚しています。

今回の事件に関しては、
まだ犯人は捕まっていないようです。
1日も早く容疑者を見つけ出してほしいと思う。

それにしても、なぜ、
似たような事件がなくならないのか。
一体動機はなんなのか。

お店に恨みでもある人物なのか。
それとも、愉快犯なのか。
今年札幌で同じように食品に針を刺そうとして逮捕された女性は、
「イライラしてやった」と自供していました。

ありえない話ではありますが、
実際に犯行に及んでいるという事実は、
やはり深刻な問題として捉える必要がありそうです。

店内にはたくさんの防犯カメラが取り付けられています。
そのことは、すでに承知の通りです。

僕もお店に行くと・・
カメラがどこにあるかは探しませんが、
やはり、意識は少しあるように思います。
「どこかで、見られている」と思うと、
ゆっくり手に取ってみるのも気が引けるものです。

殺伐とした社会だなって、
特に昨今は感じてしまうのです。


tani

> /body>