FC2ブログ
2016.11.13 延命治療
私たちはこの世に生を受けた以上、
必ずこの世を去る時がやってきます。
いくら医療が発達しようとも変えることのできない、
この世の真理です。

生老病死というように、
これだけは、
決して避けられない人間の運命なのでしょう。

私たちは、一寸先のことはわかりません。
自分の明日すら、保証されていないのです。
ただただ当たり前のように生きていますが、
決して、そうではないのです。

いつかは・・・
家族に伝えなきゃと思っていたことがあります。

「延命治療」に関してです。

病の根治が見込めない状況にありながら、
ただ延命するだけに取られる処置です。
病だけではなく、
事故でも同じ状況が発生することもあります。

「パパにもしものことがあったら・・」
「延命治療はしないでね」
そう、妻と娘に伝えました。

治る見込み、回復の見込みがあればもちろん別ですが、
ただただ延命の措置は、僕は望んでいません。

その時が来たら・・
それが僕の寿命。
受け入れたいと思っています。

治る見込みのないのにたくさんの管で繋がれ、
周りの家族に気苦労をかけ、
ただ、生き延びることは僕の本望ではありません。

本当に、そう思う。

ひとつだけ言えることは・・・
その時その瞬間まで、
自分の人生を一生懸命に生きたい。

DSC_2628_convert_20161113183151.jpg

辛いこともあるけれど、
決して諦めることなく、
最期まで役割を全うしたい。

本当に、そう思うのです。


tani

> /body>