FC2ブログ
2015.07.26 守る覚悟
昨日、福岡県久留米市の銀行で発生した強盗未遂事件が、
僕の胸を打ちました。

某新聞社の報道によると、
女性客が出入り口付近で手続きの順番を待っていた時、
ヘルメットをかぶった体格のいい男が歩いて入ってきたそうです。

男はポケットから拳銃を取り出し、
リュックサックを年長の女性行員に投げつけて「金を入れろ」と叫んだ後、
天井に向けて1発を発砲しました。

女性客と男の距離は2~3メートルほど。
年長の女性行員はカウンターに向かったが、
男は「撃つぞ」「早くせんか」と何度もまくしたて、
天井に向けて更に2発、発砲したようです。

さらに男は、女性客の近くにいた若い女性行員に、
「お前が金を入れてこい」と銃を突きつけた。しかし、
行員は「私はお客さまを守る義務があります。お金は入れられません」と、
両手を広げて女性客の前で立ちはだかったのです。
犯人の声に負けない大きな声だったそうです。
男は落ち着かない様子を見せ、しばらくして店外に出て行ったとのこと。

実際に、現場を想像してみてほしい。
どれだけ、恐ろしい現実に遭遇していたものか。
正義感の強い人だってたくさんいるでしょう。
勇気溢れる行動をしてくれる方だって、少なくありません。

でも・・
今回のように、実際に銃口を向けられて、
お客さまを守るために、
両手を広げ立ち向かうことがはたしてできるだろうか。
この女性の勇気と覚悟に、とても感動しました。

安倍総理は、国民を守るために・・
国益を守るためにって、
様々なことを強引に進めています。

はたして、本当に国民を守る覚悟があるのだろうか。
はっきり断言できることは、
両手を広げお客さまを守った今回の女性とは・・
次元が違うくらいの小さなものではないだろうか。

総理大臣は、確かに我が国を代表する偉い人なのでしょう。
でも、安倍総理と比べ物にならないくらい・・
その女性は、人間として尊い存在に思えてなりません。


tani
> /body>