FC2ブログ
2015.04.11 統一地方選挙
ここ北海道札幌市の統一地方選挙は、
知事選、市長選、道議選、市議選と重なり、
いよいよ明日、投開票を迎えます。

4選になり候補者も多かったことで、
市内はとても賑やかな日々でした。
選挙カーが行き交い、
候補者が大きな声で地域の方々に訴えます。

いつものことではありますが、
少し耳障りに感じています。

候補者本人の名前をただ連呼して、
選挙カーでゆっくり移動しつつ、
最後のお願いとただただ繰り返す。

近くにいた携帯で電話していた人たちも、
迷惑そうにしていました。

大きな声で選挙カーに乗り走ることって、
本当にどれだけ選挙戦に影響しているのか疑問です。

確かに、政策を訴えることはとても大切です。
そういう意味で、街頭演説は貴重な機会だと思う、
でも、大きな声で名前をただ連呼するのはどうだろう。

それぞれの候補者には、
それぞれの、支持基盤というのを持っています。
問題なのは、いかに無党派層から支持されるかが、
選挙結果に大きく影響します。

無党派層は、単純に興味がない人もいますが、
今に政治に落胆している方も非常に多いのと思うのです。
その人たちに対して、ただ名前を連呼しても、
心に響くとは到底思えません。

自分には何ができるのか。
当選したら何をするのか。
そこを、裏付けをもって具体的に、はっきり述べてもらいたい。

私たち有権者は、
大きくて力強い声だけに惑わされることなく、
冷静に見極めながら一票を投じたい。


tani

> /body>