FC2ブログ
2015.04.08
シャ乱Qのボーカル、つんく♂が、
がんで声帯を摘出し、声を失いました。
ボーカルにとって、声は命同然です。
それだけに、今回の決断は、
正に苦渋の決断に他なりません。

ボーカルじゃなくっても、
声を失うことは・・
どれだけ重たいことなのか、
僕には想像すらできません。

この報道を見て以来、
僕は「声」ということをずーっと考えています。
普段は当たり前としか思っていない自分や家族の声。

でも、本当は・・
声を出せるということだけでも、
その声を聞くことができるだけでも、
すごく有り難いことなんですよね。

無くして初めて、
その価値や有難さに気付くものです。

当たり前に思っていたこの声を、
深く意識していかなければと、
改めて感じます。

昨日、母から携帯に電話がありました。
いつもは何も意識することなく聞いていたその声を、
決して忘れないように・・
心と耳で聞いていました。

いつかは必ず聞けなくなる日がくるこの声を、
これからは、味わって会話をしていこうと思う。

普段は考えたこともありませんでしたが、
母の声は、とても優しい声でした。


tani

> /body>