FC2ブログ
衆議院選挙がいよいよ4日に公示、16日に投開票が行われます。
注目されているテーマは、
経済対策・消費税・TPP・原発・外交等々、多岐にわたっています。

各党それぞれに似ている部分もあれば、
正反対の政策もあるようです。

先日、自民党の要望に応える形で、
動画サイトのニコニコ動画で、
各党の代表による討論会が実施されました。
そこには、安倍総裁や野田総理も出席しました。

なぜ今、ニコニコ動画なのか、
僕には理解できない。
決してニコニコ動画を批判するつもりはありません。
幅広い層に各党の政策を伝えるためのひとつの手段であり、
結果的に投票率の上昇にでも繋がれば、
意味も大きなものになるであろう。

でもその前に、安倍氏と野田氏の討論を、
もっとテレビや新聞等で幅広く公開して、
有権者に伝えるべきではないだろうか。
もっと言えば、各党のトップが一同に集い、
自らの言葉で議論するべきではないだろうか。

ニコニコ動画は討論では野田氏に軍配があがるとの予測から、
自民党からの提案だったようです。
情けないとしか言いようがない。

それにしても各党の主張は、選挙協力や合流により、
微妙に変化しています。
こんなんで良いのでしょうか。
自分たちの事しか考えていないという事を、
如実に表しているのではないだろうか。

連日のように、各党からの代表がテレビで討論しています。
見ていて思います・・・
なぜ、人の話をじっと聞けないのか。
スイッチが入ったかのように、
皆んなが大きな声で意見を言い合います。

そもそも政治家の皆さんは、
オレがオレがの方たちです。
でも、紳士的な態度だとは僕には思えない。

今回の選挙は多数の政党が乱立し、
有権者も迷うところです。
各党の主張を聞いていると、
「それは違うだろう」という思いと、
「確かにそうだ」という思いもあります。

いっそうの事、
政策ごとに投票できたらな・・って、
思っちゃったりもします。

いろんな問題もあると思うけど、
結構、本心だったりもします。


tani



> /body>