fc2ブログ
私たちはよく、「すみません・・」という言葉を使います。

謝る時に、
「この度はスミマセンでした」と言ったり、
道を尋ねる時に、
「スミマセン・・、ここに行きたいんですが・・」って言ってみたり、
感謝を伝える時に、
「たくさんいただいてスミマセン」と言ったりもします。

いろんな場面で、
この「スミマセン」という言葉をよく言っているのですね。
実際に僕もよく使っています。


ある方のお話。
日本在住の外国の方から聞いたそうですが、
「たいがいの日本語は理解できるが、
スミマセンという言葉を理解することはとても難しい」との事。

英語の場合、
謝る時は「I'm sorry」。
道を尋ねる場合は「Excuse me」。
感謝する時は「Thank you」。

それぞれ、全く違う言葉で表現します。
勿論、その意味も違います。
確かに外国の方にとっては、
この微妙なニュアンスは難しいのかもしれませんね。

日本人は自分の気持を素直に伝えることが苦手だとよく言われますが、
確かにそうなのかもしれません。
この曖昧な「スミマセン」という言葉は、
ある意味、日本人の良いところなのかもしれません。

ただ、心を込めて相手に何かを伝える場合、
「スミマセン」ではない方が良いような気がします。

謝る時は、
「申し訳ございません」

感謝の気持を伝える時には、
「ありがとうございます」

このような言葉で伝えた方が、
より、相手の方に気持が伝わるのではないだろうか。


言葉は言霊と表現されるように、
とっても大切な文化だとも思うのです。
言葉の乱れは心の乱れ。

伝えるという行為の言葉の意味を少し意識して暮らした方が、
豊かに暮らしていけるのではないかと、感じます。


tani



> /body>