fc2ブログ
テレビのバラエティー番組を見ていて、
つくづく感じていることがある。
それは、「食べ物」に関する内容です。

美味しい料理を紹介したり・・
ご当地ならではの料理を紹介したり・・
これらはとても夢もあって見ていて楽しくなりますよね。

一方、
早食いや大食いを競ったり・・
中に辛いものなど、以外なものを入れて、
誰が食べたかを当てるゲームをしたり・・

とにかく、食べものを使っておもしろおかしくする遊びネタが、
実に多いと思いませんか?
僕は非常に気になるし、懸念さえ覚えます。


私たち人間が暮らすこの地球上では、
毎日約25000人の人が飢餓が原因で亡くなっています。
それは、5秒に1人ということになるんです。
しかもその4分の3は5歳未満の幼子だそうです。

同じ地球という星に生まれ、
このギャップにとても違和感を感じています。
とても、それらのバラエティーを見て、
笑うことなど、僕にはできません。


一方、最近は連日のようにTPP(環太平洋経済連携協定)への参加協議問題が、
日本では話題になっています。
このTPPは、
貿易自由化に例外を原則設けず、100%関税撤廃を目指しているものです。
今まで日本では、コメなどの重要農産物に関して関税撤廃の例外措置をとり、
守ってきたし守られてもきたと思います。
確かに、国益を守る事は国の大きな役割に他なりません。

菅首相は「このTPPへの参加を検討し、開国と農業の再生を両立させる」
と、述べています。

これに関しては僕が何か意見を申し上げる立場にはありませんが、
客観的に見て、前述したような現実を考えるとどうだろう・・。
国益を守る為に関税で保護し、食べ物を遊びのネタに使う。
飢餓に苦しむ国や地域の方たちが見たら、どう思うだろう。


食欲の秋に、
ついついボヤいてしまった。


tani


> /body>