FC2ブログ
2020.11.17 第三波
第三波が急速な勢いで、北海道を襲っています。
特に僕の住む札幌は深刻で、
医療崩壊が寸前と言っても過言ではないと思う。

ここ数日は、なるべく会う人を減らし・・・
もちろん、感染対策を徹底。
みんなピリピリしている感じがします。

それでも、一部の人はノーマスクで、
さほど気にしていない人も少数ですがいます。

予定していた会合も一気に中止になったりしており、
不要不急の外出は避けています。

今までと明らかに違うのは、
もうすぐそこまでウイルスが迫ってきた感があり、
市中感染が広がっているように思います。

知事も市長も札幌と地方の往来自粛を要請していますが、
経済活動も動かしていく観点から、
「感染防止対策がとれない場合」などと条件を付け、
市民にも困惑が広がっているように感じます。

ここははっきりと、
もっと強い措置を実施して、
感染拡大を急いで止める必要があるのではと思う。
その方が、結局は経済への影響も、
最小限に抑えられるのではないだろうか。

ここ1〜2週間の札幌の感染動向を、
大変注視しています。
この先どうなっていくのか、
分岐点になるような気がします。


tani

2020.11.12 CO2も、ゼロへ
菅首相が2050年までに、
温室効果ガス排出ゼロを表明しました。
これにともない、二酸化炭素を排出しない、
原発に厚い視線が向けられています。

国内の電力会社は追い風のごとく、
今後じわじわと再稼働に向けた動きを加速していくのではと、
注視していかなければなりません。

核のゴミ問題で北海道の寿都町と神恵内村が、
文献調査に手を上げ、
今月から調査が開始されることでしょう。

これも、再稼働に向けた既成事実としての、
実績になるのでしょうか。

原発の新増設の可能性について、
梶山経産大臣が次のようにコメントしました。

「今は原発への信頼を取り戻していく期間で、
新増設は考えていない」
とのこと。
これでは、原発推進と言わんばかりです。

福島の原発事故で国民に原発への不信感があります。
それを今は時間をかけて薄めていく期間。
そういうことなのでしょう。

時間が経てば、
徐々に警戒感が薄れていくことを狙っているのでしょう。
こんな話ってありでしょうか??

二酸化炭素を排出しない再生エネをもっと推進していき、
核のゴミを地中に埋めるとかではなく、
素晴らしいこの地球を優しく守り将来に残していく責務が、
私たちにはあるのです。

原発は、いらない。


tani

2020.11.03 非・常識
当社から、ある仕事を依頼している人がいます。
ビジネスの話です。
その相手というのは当社の社員の奥さんです。

もちろん他に依頼する会社もありますが、
安くやってくれるし、
社員も喜ぶだろうとの思いもあるからです。

些細なことではありましたが、
気になることがあり問い合わせのメールをしていました、
ところが、1週間、全く返信がありませんでした。

僕は結構せっかちな方で・・
我慢ならず、
少々きつくメールを入れました。
するとすぐに返信がありました。
電話ではなく、メールです。

理由はどうであれ、
1週間、全く返事をしないというのは考えられません。
しかも、僕は旦那が働く会社の上司であり経営者です。

別な案件では、
1年以上前に依頼したことがまだ音沙汰ありません。
「急がないから」と期限を切らなかった僕も悪かったのですが、
1年以上前です。
何度か旦那である社員には言いましたが・・・
一体、いつできることやら。

僕に気を遣えという話では全くありません。
当たり前の社会常識ではないでしょうか。
普通なら、あり得ません。
信じられない。

仮に僕が反対の立場なら、
メールではなくその場ですぐに電話するか直接伺うかして、
心から謝罪するだろうと思う。

他に依頼する会社がないとでも思っているのでしょうか。
フリーランスでもいくらでもいます。
少しでも貢献して喜んでくれたらとの思いを、
どう感じているのか。

信頼は、長い時間をかけて積み上げていくものです。
そうしないと・・・
信頼関係は構築できません。
信頼関係は、目に見えないものですから。

でも、信頼を失うのは、一瞬です。

普段、人に僕はそんなにごちゃごちゃ言いません。
でも、一旦見切ってしまえば、
あり得ないほど冷たく厳しい面を持ち合わせています。
それだけ、自分自身にも厳しくあるつもりです。

また一から信頼を積み上げていけるかわかりませんが、
こちらから手を差し伸べることは、
もうないでしょう。


tani

2020.10.31 ステージ2
北海道で、コロナ感染が拡大しています。
特に札幌が多く、リンクなしも増えています。
市中感染が広がっているのでしょうか。

数日前に、北海道で警戒ステージが2に上がりました。
このまま拡大が進めば、
次の段階への可能性も懸念されています。

ひとつ不思議なのは、
連日の報道にあるように、
ススキノでの接待を伴うお店でのクラスター発生です。

しっかりと対策をしているお店には大変な迷惑ではありますが、
どうして、危ないとわかっていてそういうお店に人は行くのでしょうか。
マスクをしていない人も多いと聞きます。
感染したいのでしょうか。

一括りにススキノのお店という報道は問題も確かにありますが、
どうゆう業種のお店がリスクがあるかは、
みんな知っているはず。
それでも、そのようなお店に行く人がいるから、
感染が拡大しているのでしょう。

感染対策を実施しているお店にはある程度の保証をしつつ、
対策をしていないお店は自己責任。
メリハリをつけて対策をする必要があるのではないでしょうか。
そうしないと、いつまでも感染拡大が止まりません。

いよいよ海外からも来日する人が増えてきます。
ビジネス関係から始めるようですが、
海外から新種のウイルスが持ち込まれるリスクは避けられません。

とても心配です。

今日で、10月も終わります。
いよいよ明日から11月。
今年も残り2ヶ月になりました。

新年を、穏やかに迎えたいものです。


tani


2020.10.28 休み延長?
正月休みを1月11日までの延長するように、
政府が広く要請するようです。
コロナウイルス感染予防です。

言わんとしてることはわかりますが、
現実的にできる会社はごくごく限られます。

日本の9割は中小零細企業で、
コロナの影響が深刻な状況が続いています。
これまでの休業要請や自粛で、大変な事態になっています。
そこに、休業を延長なんて到底無理ではないでしょうか。

全く、現状を理解していないと言わざるを得ません。

分散出勤やシフト調整できるところは良いですが、
どれだけの会社が該当するのでしょうか?

仮に1月11日まで休みにしたら、
1月の半分は休業です。
やってられません。

休業を保証でもするならわかりますが、
そんなに甘くはないでしょう。

休んでも会社を維持できるのなら良いですが、
どれだけの会社が該当するのでしょうか。
どれだけの会社が、
実際に要請に従うのでしょうか。

政治家のお偉いさん達には、
もっと現実を直視してほしいと思う。


tani


> /body>