FC2ブログ
2019.03.21 レオパ問題
レオパレス問題、本当にひどい話です。
以前、我が家の長男は函館で一人暮らししていましたが、
その時はレオパレスに住んでいました。
決して、人ごとではありません。

元経営者からの不正に関わる指示があったようですが、
なんと言う自分勝手で無責任極まりない、人間。
元経営者は、会社のお金を私的流用していて、
それがバレて退任にしたようです。

レオパのオーナーさんや住人からの家賃で得たお金で、
本来はやるべきことに使わずに、自分の利益にしていた。
こんな酷い経営者がいるのでしょうか。

会社側から住人に退居を依頼しているそうですが、
いまだに退居できていない人が大半です。
それはそれでしょう。

この問題で難しいのは、レオパが倒産したら、
何も悪くないオーナーの被害が拡大すること。
そしてそのオーナーと契約して住んでいる人たちに、
多大な損害を与えることです。
ひとつ付け加えると、
レオパで真面目に勤務している人にも被害が拡大すること。

法的な問題ももちろんありますが、
まずは、元経営陣の資産を売却し、
損害賠償を支払わせる。
それで足りない分は、国がバックアップする。
それしか、ないのではと感じます。

商売は、世のため人のためにならないと、
成立しません。
商売は、笑売。

正しい志を、持ってほしいものです。


tani

先日、ある会議がありました。
僕が代表を務めている会の役員で、
月に1度集まり会議をしています。

来年度の活動を議論しており、
大きな動きを計画中でした。
話も大詰めになってきた頃に、
ひとりの役員から疑問を呈する発言がありました。

その一言で、せっかくまとまりかけていた話も、
一からリセットになりました。
決して悪いことをするわけではないのに、
場を乱す発言をするのか真意がわかりません。

また、今日、別の会議に出席。
ある方が質問をしました。
事務方が回答したのですが、
その回答に噛み付いた人がいました。

「回答になっていない!」
「ちゃんと答えろ!」みたいに。

確かに、少々噛み合っていませんでした。
だからと言って、
感情をむき出しにして怒ることでもありません。
ちゃんと、冷静に、
もう一度回答を求めれば良いだけなのです。

価値観は、確かに多様です。
でも、大人気ない大人が、
実は多いのではないだろうか。

みんな時間のない中で出席している会議です。
もっと気持ちよく臨みたいものです。


tani


2019.03.10 セカオピ
今年の1月にうけた健康診断(人間ドック)で、
要検査という項目がありました。
そこは毎年ひっかかっている内容で、
状況は自分なりに理解していました。
(ドクターの話を聞いた素人判断ですが)

緊急を要しないところでしたので、
今までは経過観察をしていたのです。
そして今年、精密検査をはじめてやりました。

その診断結果と今後の方針を聞く中で、
どうしてもドクターの方針を、
そのまま受け入れて良いものだろうかと、
疑念を抱いたのです。

申し付けておきますが、
決して深刻な病気ではありません。
ただ、その方針に対して、
もっと違う選択肢があるのでは・・と、
素人ながら感じたのです。

そこで、セカンドオピニオンをすることに決めました。
信頼できると信じる別の大病院に問い合わせると、
医師からの紹介状がないと受診できないとのこと。
そのことを検査をしたくれた病院に伝えたところ、
快く了解してくれました。

ところが、紹介状を書くのに、
2〜3週間必要とのこと。
え?!と思いましたが、
そうおっしゃるのでやむを得ません。

それにしても、書くだけで、
2〜3週間。
確かに医師不足で大変なのでしょう。
報道でも度々取り上げられていますので、
なんとなく状況は想像できます。

それもで、紹介状の一枚をかくのに、
それだけなのに、
そんなに時間が必要なのでしょうか。

セカオペに対する、
感情的なものも絡んでいると思われても、
仕方がないのではないだろうか。

すでに2週間が経ちました。
あと1週間。
待ってみよう。


tani


2019.03.01 沖縄県民投票
沖縄県普天間飛行場の辺野古移設を問うた、
沖縄県の県民投票。
想像通りの結果です。

過去の選挙結果からも明らかであり、
県民の明確な意志に他なりません。

沖縄県知事は安倍総理を訪ね、
県民投票の結果を伝え辺野古移設の中止を求めました。
安倍総理からは、いつもの回答が・・
「普天間の危険性をこれ以上先延ばしできない」と。

はっきり言って、
応えになってません。

辺野古への移設反対を申し入れたのであって、
普天間の危険性除去は当たり前。
普天間からは一刻も早く立ち去り、
では米軍飛行場がどうするのか。
それを、話し合っていこうということなのです。
だから、まずは辺野古の工事を即刻中止をするべきなのです。

安倍さんは、沖縄県民よりも、
トランプ大統領のことを信頼しているのでしょうか。
本気で、トランプ大統領についていこうということでしょうか。

頭がどうかしちゃってます。

確かに、県民投票は法的な拘束力はありません。
それでも、そうせざるを得なかったのです。

沖縄県と、本気で真正面から向き当てきたのでしょうか?
むしろ、後ろを向いていばかりで、
はっきり言って無視しているようにしか思えません。

菅官房長官は、沖縄県知事に対し、
移設反対をいうならどうするのか回答もないと苦言を呈しました。
どうするか??
それはお前たちだって応えられないだろう。

今からでも遅くないのです。
安倍総理は辺野古移設工事をまず中止し、
トランプ大統領と本気で話し合って国民の思いを伝えるべきなのです。
そうすれば、どれだけ安倍総理の評価が上がることか。

安倍総理は自分が評価されたい自我の塊です。
本気で沖縄県民に寄り添って、
日本国民のために立ち上げってほしい。
それが1番自分が評価されるということを、
理解していないのでしょう。

国民を諦めさせる企みなのでしょうか。
安倍総理は、国民を甘く見ていると、
思わずにいられない。


tani

2019.02.27 不況業種
今月に入り、同業の札幌の印刷業者2社が、
破産しました。
業界の人ならほとんどの人が知っているような、
中堅の会社です。

そのうち1社は老舗で、
噂すら出ていなくで驚きました。
本当、不景気なんですよね・・

印刷業は横の繋がりがとても多い業種で、
今回の破産した会社と繋がっている会社も多いことでしょう。
大打撃だと思う。
幸いにも、当社は全く取引がなく、
正直、ホッとしているところです。

印刷業界は、確かにかなり深刻的な状況で、
今後の発展はかなり難しいとされている業種のひとつです。
そりゃ、インターネットやプリンターなどの普及で、
打撃をうけるのもある意味当然でもあります。

当社だって、苦戦しているのも事実。
伸びたり減ったりで、なんとかかんとか現状維持ができているだけ、
まだ良い方なのかもしれません。

増えている部門が、ネット関連や、
北海道内では当社しかできないかなりレアな技術が絡む、
特殊な商品。
これは、年々増加しているんです。
でも、他が減っているからちょんちょんですが。

時代が変化しているのですから、
やはり会社だって変化していかないと、
生き残れません。
ニーズや先見の目を養うことも必要でしょう。

今まで通りのことだけをしていれは、
間違いなく業績は減っていくと思う。
どんどん独自の技術やアイディアを出し、
社会にお役に立てられるよう、
努力していきたいと思う。


tani

> /body>