FC2ブログ
2019.08.17 熊騒動に思う
先日の熊騒動に、とても複雑な思いでおります。
札幌市内や江別地区の市街地にヒグマが度々出現するようになり、
駆除されました。

罠をしかけたようですが、
難しく・・
銃で射殺されたようです。

すぐそばには住宅街や学校もあり、
まさに市民の生活圏。
気軽に外出もままならない状況が続き、
イベントなども中止になるなどの大きな影響が出ていました。

駆除は、やむを得ないのだろうとは思います。
でも、やっぱり・・
熊が可哀想に思えてなりません。

熊は、何も、
悪いことはしていないのです。
たまたま、人間が暮らす敷地に現れてしまったがために、
射殺されてしまう結果になってしまったのですから。

確かに、近所で熊がもし出現したら、
落ち着いて生活ができません。
早く、行政になんとかしてほしいと切に願うかもしれない。
そこが、難しいところです。

今回、熊が射殺されて、
安全な元の生活が戻りました。
それで、根本的な解決したことにはならないと感じています。

道内に生息するヒグマの頭数は増えているそうです。
春熊駆除をやめて以来、増加しているそうです。
それはそうでしょう。
だとすると、今回のような熊騒動は、
今後も間違いなく起きてくると思うのです。

人間と熊の適切な距離を確保しつつ、
お互いの生活圏には入らないような、
積極的な共存を考えていくことが大切ではないでしょうか。

例えば、電気柵を設けたり、
フェンスを利用したり。
有識者と相談して抜本的な対策を急いで立てる必要があると思う。

元々、熊の生活圏に・・
私たち人間が入り込んで行ったということを忘れてはいけません。
そう、謙虚に、対策を考える機会にしたい。

今回駆除された熊の死に報いるためにも、
そう、あるべきだと思うのです。


tani



2019.08.02 熱帯夜
連日、熱帯夜が続いているこちら札幌。
どうやら、記録更新だそうです。
確かに、僕の記憶にありません。
お気の毒に、熱中症で亡くなってしまった方もいます。
まさに、危険な暑さです。

北海道はまだまだエアコンが入っていない家庭も多く、
さすがに、道民にこの暑さは酷かもしれません。

我が家には、居間にだけエアコンがあります。
寝室にはないので、窓全開で寝ています。
でも気温が上昇しはじめたここ数日は風もほとんどなく、
気休めって感じです。

両親が住む2階はエアコンがなく、
もう・・
蒸し風呂状態。
エアコン買ったらとなんども言いますが、
扇風機で凌いでいます。

もう今年は間に合いませんが、
来年に向けて今度こそ買って取り付けてもらおうと思う。

さて、明日から僕は仕事で定山渓です。
終日撮影で、温泉に宿泊。
さすがに連日の暑さを体験して・・
サウナには入らないと思う。
(苦笑)

tani



2019.07.20 選挙妨害??
先日、安倍総理が選挙の応援で札幌で街頭演説しました。
その際に、一般市民が警察から排除されるという事態があり、
物議を交わしています。

というのも、その市民は、
「増税反対」と声をあげただけ。
また、別のケースでは、
プラカードを掲げようとしただけだったそうです。

声をあげた市民は、
首相の演説が聞こえないほどの声ではなく、
選挙妨害には全くあたりません。

プラカードの方も同様。
ただ、政権に疑義を投げかけるプラカードを掲げようとしただけ。
なぜに、それで警察が動く??

国民の権利を無視して、
言論統制をしているとしか見えません。
そこにいた多くの市民が、目の当たりにしています。

「安倍総理を指示」のプラカードは、
たくさん掲げられていたようです。
不思議な話です。

たったひとりの声で警察が排除。
それなら、あの、国会のヤジはどうなのでしょう。
答弁者の声が聞こえないくらいの馬鹿げたヤジの方が、
よっぽど排除したいものです。

こんな理不尽なことがあっていいのでしょうか?
言論の自由は、どこにいってしまったのでしょうか。
国民をバカにしていると言わざるを得ません。

明日は投票日。
何かが変わる節目の日であってほしいと願いつつ、
投票に行こうと思う。


tani


今日、以前から申し込んでいた、
ある講演会に参加してきました。
2人の方の話で、
1人は、道内のあるとても小さな自治体の町長さん。
そしてもひとりが、同じく道内の建設会社の社長さんの話です。

自治体の町長の話はとても興味深く、
すごく丁寧に説明してくれました。
人口3300人という本当に小さな村ですが、
全国的にも先駆的な取り組みを色々されていて、
町内の経済や人口、エネルギーなどを域内循環を実現。

人口減少時代の経営に通じるお話で、
とても参考になりました。

と、ここまでは、良かった。

2人目の、社長。
はっきり言って、もう聞きたくない。
もう、最悪の話でした。

というのも、とにかく・・
上から目線なのです。
おまけに、持ち時間を大幅にオーバー。
スタッフが気を揉んでいるのが見て取れました。
それでも、やめる気配はありません。

30分くらいの持ち時間で、
50分は話していたと思う。
しかも、上から目線の大声で。

聞いていたら、段々と腹が立ってきて、
もう、立ち去りたい気持ちになりました。

講師として、僕もたまに人前で話す機会があります。
僕の話から、何かを得ようとして聞きにきてくださった方々に、
上から目線なんて考えられません。
もっと、相手に感謝しないといけません。

町長の話が素晴らしかっただけに、
その差が際立っていたのでしょう。

なにか今日は、
アップダウンの激しい日だったな。


tani

2019.06.30 G20
大阪で開催していたG20が閉会しました。
安倍総理は議長役で、はりきって参加。
でも、心中は穏やかではなかっただろう。

日米の貿易や安全保障で、
米大統領がどんな無理を言ってくるのかと。

G20の開催前、日米安保に関して、
アメリカの方が負担をしているとか、
平等ではないなどと大統領が発言したと言われていました。

でも日本側は、
「政府間のそのようなやり取りは全くない」と発表。
それが、見事にトランプ大統領によって、
覆されました。

なんと、半年も前から、
安倍総理には伝えてあるとのこと。

安倍総理はこれまで、
どれだけの国費を使って盛大におもてなしを繰り返し、
ゴマを擦りまくってきました。
今回の大統領の発言には、
きっと裏切られた思いでしょう。

政府はこぞって、
嘘をついていたことが明確になりました。
いわゆる、虚偽です。
国民を欺いてきたのです。

どう、弁解するのでしょうか。

また、今回のG20後には、
米中首脳会談や米露会談をあげ、
素晴らしい成果に自分がいかに貢献したのか、
声高々に自画自賛です。

なにに、貢献したのでしょうか?
どんな、成果があったのでしょうか?
現実的には、
ほとんど構われていないのではないでしょうか。

北方領土にしても、アメリカとの貿易問題にしても、
具体的な成果は、
全くないと言っても過言ではありません。

特に、北方領土の問題は、
むしろ悪化したと見ることもできるのではないだろうか。
お互いのこれまでの主張の確認程度で終わり、
次の高い段階に上る素晴らしい会談・・

「会談」ではなく、
「怪談」だろう。

選挙前で成果をアピールしたい思惑は、
誰の目に見ても明白。
あまりに国民をバカにしていると言わずにはおれません。

もっと謙虚に、
日本人らしく、
利他の心を持って、
道徳を1番学ばなければならないのは、
安倍総理、自身だろう。


tani


> /body>