FC2ブログ
2019.01.08 大失態
新年早々に、大きなミスが発覚。
昨年の暮れに納品したカレンダーの、
日付が間違っていたのです。

オリジナルのカレンダーを毎年制作していくクライアントで、
当社の大失態。
すでに配布しているのですが、
交換することになってしまいました。

ちょうど制作していたその時期は、
今年、天皇の退位と即位にともない、
ゴールデンウイークが10連休になるのかどうか、
まだ正式に決まっていませんでした。

ほとんどのカレンダーはかなり前にすでに作っていますので、
当然、10連休が反映されていません。
そこで僕はクライアントと相談し、
ぎりぎりまでまって正式に決まってから作りましょうと、
そう話をしていたのです。

10連休が閣議決定され、
ほぼ間違いなく10連休になる目処がつき、
その内容で制作したのです。

ところが、肝心の内校正がおろそかになってしまったのです。
デザインが決まって実際に印刷までたっぷり時間があったので、
それが逆に悪かった。

当社のデザイナーのミスに僕が気付かずに、
そのままGOを出してしまいました。
完全に、僕のミス。

時間があるないの問題ではなく、
仕事を先延ばしせずに真摯に向き合っていなかったのでしょう。
大きな代償です。

印刷されたその紙はすごく特殊な紙で、
そのカレンダーを貼った部屋の空気をクリーンにしてくれるという、
お高い特殊紙。
しかも、東京にしかない紙。
取り寄せにも時間を要します。
多大なご迷惑をかけてしまいました。

ぐっと反省。
情けないぞ、おれ。
しっかりせんかい、自分!

気合がはいりました。


tani

今年、すごく残念だったことは、
沖縄県辺野古の海に、土砂が投入されたことでした。
普天間飛行場を移転する為の唯一の方法だとの従来から同じ論法で、
県民の民意に全くもって耳を貸さない政府のやり方は、
残念どころか苛立ちを覚えます。

これまでの選挙の結果が示す通り、県民は「ノー」と答えたのです。
普天間の移設はもちろんのこと、県外移設を目指しましたが、
願い虚しく、辺野古の綺麗な海に土砂が投入されたのです。

3年前、妻と沖縄に旅行に行きました。
その目的のひとつに、辺野古の海が見たいというのがありました。
当時から普天間を辺野古にという政府の方針があり、
県民との意見の相違が叫ばれている時でした。

IMG_1516_convert_20181230212329.jpg

旅の終盤に立ち寄るつもりでしたが、
実はやめました。
それは、見るまでもない・・そう、感じたからなのでした。
沖縄の海はどこも本当に綺麗で素晴らしかった。
辺野古の海も、間違いなく同じ。
そう、思ったからでした。

僕は沖縄の問題に、自分なりに真摯に受け止めてきました。
日本の今の平和は、あの小さな沖縄の犠牲の上に成り立っていると言っても、
決して過言ではありません。
そうは思いませんか?

DSC_2335_convert_20181230212421.jpg

あの綺麗な海に、土砂を・・・
どうして、そんな酷いことができるのでしょう。
あまりにも、悲しすぎはしませんか。
人間に、あの海に復元不可能な手を加える資格はないのです。
だれが、責任とれるのでしょうか。

年明けに県民投票が、おそらく実施されることでしょう。
その民意が、どうか受け入れられてほしいと、
ただただ祈っています。


tani
2018.12.21 狂ってる
先月の末、12月に入る数日前だっただろうか。
いつも集荷にきている運送会社から、
ある通達がありました。

12月は年末特別体制になるので、
集荷業務はしないで配達業務のみになる。
集荷の依頼は、前日の19時までに予約をするように。
そのような内容でした。

当社はほぼ毎日発送するものがあり、
これまで電話しなくても毎日集荷に来てくれていました。

なんと上から目線な・・って、
半分呆れました。
でも、しかたがありません。
社員にその旨を伝え、前日に電話をするようにしたのです。

ところが・・・
電話がなかなかつながらない。
日に日に、それが顕著になっていくようでした。

集荷してほしければ前日に連絡してと言うから、
こっちは連絡しているのです。
それが、繋がらない。

そんな日が続いていたある日、
前日に予約したのに集荷に来ませんでした。
どうしても発送しないとならない荷物で、
関係者に謝罪しました。

それから数日後、
10回くらい電話してもつながりませんでした。
それで、決めました。
「ファックスしよう!」って。

「集荷依頼!」と大きく書いて、
ファックスすることにしました。
一発で送信でき、翌日は集荷に来てくれました。

安心したのも2日間。
前日にファックスしていたのですが、
集荷に来ませんでした。

呆れました。
言葉になりません。
どんだけ大きな会社なのかしりませんが、
あまりにも酷い対応に腹が立ちました。

佐川女子なんて作ってる場合じゃないだろう。
そんな時間と金があるなら、
もっと支店や営業所をなんとかするべきだろう。
普通の会社にするべきだろう。
そんな簡単なこともわかっていないで、
佐川女子??
いいかげんにしてほしい。

時間のない中、なんどもなんども電話して、
どれだけ気苦労と迷惑をかけているのか、
わかっているのだろうか。
経営者の頭を疑います。
ふざけるなと声を大にして言いたい。


tani


2018.12.19 悲惨な現場
今日、札幌市豊平区の爆発現場の近くを通りました。
現場から200mくらいの場所に、
当社のクライアントが2社あり、年末の挨拶周りで伺いました。

事故翌日にすぐ連絡は取っていて、
状況はお聞きしていました。
幸いにもクライアントさまの被害はありませんでした。

本当は現場のすぐ前を通っていつもいくのですが、
国道も全面通行止め。
規制線が張られ一切通行できない状況でした。

今なおものすごい人で捜査しており、
国道の方まで瓦礫の山になっていました。

すぐ近くのマンションを見ると、
窓に木の板が張られているところがいくつかありました。
ガラスが割れたのですね。

テレビでは見ていますが、
実際に現場を見たら・・・
すごい。
言葉を失いました。

日に日に、いろんなことが判明してきています。
僕の想像した通り、
一般的には理解できない特殊な事情があるようですね。

それにしても・・
会社の体質を疑わざるを得ません。
暴利な部分もあり、
いかにお客様に喜んでもらうかという大切な心がなく、
自分の会社本意と思われてもしかたがありません。

そういうことって、
いつどんな形かは別として・・・
表面化するものです。


tani

2018.11.27 虚偽記載??
元日産のカルロス・ゴーン容疑者の事件は、
開いた口が塞がらない。
虚偽記載で50億とか80億とか、
僕には想像すらできないくらいのお金です。
この人はいったい、いくらお金があると満足なのだろう。
きっと、1000億あっても満足はしないことでしょう。

人間は欲がなくては生きていけないものではありますが、
これだけお金に貪欲な人も珍しい。
頭が狂ってるとしか思えない。

困っている人を助けてあげるとか、
国境を超えて被災者に手を差し伸べるとか。
世のため人のために、お金を使おうとは思わなかったのだろうか。
不思議でたまらない。

確かに、経営者として日産を再建した手腕は素晴らしい。
ずば抜けている能力もある人なのだろう。

一気に上がった分だけ、
一気に地に落ちたのでしょう。
波動の法則というやつでしょうか。

宝の山を当てなくても良いから、
ゆっくりと、じっくりと、
少しずつでも上に登って行けたら良いのではないか。

強く激しくよりも、穏やかに。
人間はきっと・・
その方が、調和が取れるような気がします。


tani

> /body>