FC2ブログ
2020.03.25 理念を今一度
東京オリンピック2020の、1年程度の延期が決まりました。
日本はもちろんのこと、
世界中のコロナ感染拡大の状況を見る限り、
到底、開催できるはずがありません。

これを目指して並々ならぬ努力を続けてきたアスリートにとっては、
確かに残念無念であろう。
私たち凡人には想像すらできないくらいの、
人生をかけた戦いをしてきていることでしょう。
それでも、今回の決断は止むを得ないだろうと思う。

それともうひとつ。
一番大切なことがあります。
「復興五輪」という、理念です。

東京オリンピックを招致している時、
まだ東日本大震災の動揺が日本中にありました。
あの慌ただしく騒々しい状況の中、
なぜにオリンピック??って思ってた。

復興の象徴として、
「復興五輪」を理念に掲げました。
復興を第一に目指すための五輪なら、
招致しても良いのでは・・という雰囲気はありました。
(それでも僕個人的には反対でしたが)

東京での開催が決定して以来、
いったいどれだけ復興が加速したのでしょう?
今なお、我が家や故郷に帰れない人がどれだけいるというのでしょう?
増え続ける汚染水は、どうするのでしょう?
福島原発の廃炉は計画通りに進んでいません。
目処すらたっていません。

こんな状況でオリンピックを開催し、
世界中のみなさんに、
「ほら、復興を見てください!」などと自信を持って言うのでしょうか。

恥ずかしいったらありゃしない。

今回の延期をうけ、
掲げた理念を今一度確認し、
しっかりとその役割を果たしてほしい。
1年延期をある意味チャンスと捉え、
最大限の復興を果たしてほしいと強く思います。


tani
北海道の鈴木知事が記者会見し、
3月19日、昨日で緊急事態宣言の終了を発表しました。
2月28日に発令していたので、ちょうど3週間です。

日本人は真面目なので、
結構、守っていたように思います。
そのインパクトも大きく、経済への打撃も強烈です。

政府の専門家会議の発表で言っていましたが、
北海道に関しては一定の評価をしているようです。
確かに、急激な感染拡大は起こっていません。

ただ、まわりのいろんな方々との話をしていて感じるのは、
今回で緊急事態宣言が解除されても、
さぁ〜外出しようとはならないのではと思います。

札幌市民も、これで安心だとは、
決して思っていないでしょう。
このまま目に見えて収束に向かっていけば、
徐々に、ゆっくりと、
外食や会合なども少しずつ増えていくかと思う。

でも、まだしばらくは、
宣言解除前と変わらない状態が続くように思います。
観光が回復するのも、
極端な話、年単位の時間を要するのではと感じます。

コロナ疲れ・・という話も耳にします。
気持ちわかります。
それでも、正確な情報収集は欠かせません。

自分たちにできる予防はしっかりとしつつ、
ある意味、なるようになる・・みたいな、
良い加減な気楽さも必要なのかもしれません。

長期におよぶということも想定して。


tani


2020.03.18 卒業式
卒業式や入学式が中止になったり規模を縮小したりと、
子どもたちと親に大きな影響が出ています。
これは、大変残念なことであり、心痛めています。

厳重な警戒体制で実施するところもあるようですが、
全員がマスクに消毒。
友だちとの距離をあけ、代表の子だけが卒業証書を受け取る。
さらに、校歌も演奏だけ。

一番可哀そうなのが、やはり子ども本人。
突然の休校で、そのまま学校生活を終える子もいます。

卒業式や入学式は、
人生の中でも大変大きな節目の日。
将来、当時を振り返って・・・
壁を乗り越えたり勇気や元気をもらったり、
その時の親の笑顔だったりを思い出すこともあるでしょう。

仕方がないことかもしれませんが、
「そんなこともあったね」って、
笑顔で話せる時が来ることを心から願っています。

一方、親にとっても、
大きな節目に変わりありません。
我が子の成長を、そういう場面で実感することでしょう。

恥をされせば、
僕は自分の子どもの卒業式当日、
嬉しさで感極まり、号泣してしまいました。
それだけ、親にとっても大変重要な節目の日なのです。

切ない経験をしてきた子どもたち。
まさに仲間としてワンチームで、
試練を乗り越えて行ってほしいと願うと同時に、
お互いの心の絆を感じるように思います。


tani

2020.03.15 表も裏もなし
自粛要請が始まってから、
街を歩く人が本当に少なくなりました。
それだけ、経済活動の停滞を余儀なくされているわけです。
目に見えないところでも、
ものすごい落ち込みがあることでしょう。

僕が社会人になって初めての、
大きな経済危機をむかえていると言っても過言ではありません。

今回のコロナの問題は、
重症家するリスクの高い人をいかに救い、
それと併せて経済をいかに活性化していくのか、
その微妙なバランスをどう取っていくか。

このことが、近々に対応しないとならない、
最も大きな問題のように感じます。

東京オリンピック。
これだけ、最初からケチのつくイベントも珍しい。
ロゴの盗用から始まり、
メインスタジアムの設計のゴタゴタ。
競艇の会場のことも世間を騒がせました。

そもそも、東京オリンピックを招致したことが、
やはり間違いではなかったのか。
僕にはそう思えてなりません。

復興五輪を叫ぶけど、
復興にどう、貢献したのでしょう。
特定大都市の経済活動を優先した招致だったのではないか。

「おもてなし」という言葉が話題になりました。
この「おもてなし」とは、
来た方に日本の温かい心でもてなすという意味だけではありません。

「おもてなし」とは、
表も裏もなし。
下心のない純粋なこころで接するという意味もあります。

今回の東京オリンピック招致は、
裏もありありなのではないでしょうか。
これでは、上手くことが運ぶとは思えません。

どうしても・・・
この問題を憂いてしまうのです。


tani


2020.03.09 一気に雪解け
今日はとても暖かい日で、
最高気温8度くらいまで上がった札幌です。
一気に雪解けも進み・・
車道はほぼ積雪ゼロ。

今年は雪が異常に少なくて、
ちょっと物足りない感じがしています。
今週から来週にかけてずーっと暖かい日が続く予報で、
なんだか慌ただしい日々を過ごすうちに、
一気に春が近づいてきた感じもします。

まだスキーには行きたいと思っていますが、
流石にパウダースノーは期待できないかな。

今シーズンの積雪が少ない影響で、
灯油代が数万円も安くすみそうです。
雪がふると融雪溝を動かすのですが、
これがまた灯油代が結構かかっていました。

また、自宅の各部屋にあるストーブの灯油も、
例年になく使いませんでした。

そういう意味では、
経費節減になりました。

いずれにしても、
こんなに雪が少ない冬は、
記憶にありません。

北海道は、移ろう四季折々の情景が、
大きな魅力のひとつ。

北国の冬は冬らしく・・
軽くて白い雪が似合う。
決して失いたくないなって、思う。


tani



> /body>