2018.06.10 手宮祭り
6月8日から今日まで小樽の手宮祭りが開催されています。
手宮地区の稲荷神社のお祭りで、お神輿も出ます。
この地区のいろんなお仕事にも携わっていて、
手宮祭りのチラシは長年当社でデザインさせていただいています。

昨日は、すごく久しぶりにお手伝いに行ってきました。
今回は、焼鳥の担当です。
例年は当社の営業担当がお手伝いに行くのですが、
今年は都合が合わなく僕が行くことにしていました。

IMG_3570_convert_20180610184228.jpg

IMG_3589_convert_20180610184317.jpg

この地区では、ビアガーデンも毎年開催していました。
僕も実行委員のひとりで、携わっていましたが、
中心になっていた市場が閉店し、スタッフ不足に陥っていまい、
今年の開催は中止になってしまいました。

なので、手宮地区での大きなイベントは、
今回の手宮祭りだけになります。
寂しい限りです。

そんな寂しさを吹き飛ばそうと、
地元のメンバーも頑張っていました。
これからも、この地域が発展していくようにと、
願わざるを得ません。

IMG_3574_convert_20180610184253.jpg

大丈夫。
みんなで力を合わせ、
この苦境を乗り越えてくれると僕は信じています。


tani

2018.06.09 信じられない
とても信じられない悲しい事件がまた起きてしまいました。
自分の子どもを虐待死させた両親は、
本当に、私たちと同じ人間なのでしょうか。
僕には信じられない。

「おねがいゆるして」とひらがなで綴った言葉を、
どんな思いで読んでいたのだろうか。

早朝4時に自分で起き、
ひらがなの書き取り練習と体重測定を命令され、
親たちはぐーぐーとのんびり寝ているその時間に、
どんだけ辛かったか。

まだ5歳です。
あまりにも、悲しすぎです。

同じような事件が起きるたびに対策が取られ、
法整備や自治体でも条例などを整備してきました。
関係機関では、それぞれに・・
悲しい虐待がなくなるように取り組んできたことでしょう。

今回の事件でも、
決められたことがきっちりと守られていたのか、
詳細な検証は必要でしょう。

そのことは別として、
いくら決まりごとを整備しても、
悲しい事件はなくならないのではないだろうか。

もちろん、対策はしていかないといけません。
それと同時に、
大人といずれ親になっていく子どもたちにも、
人間教育を見直ししていかないといけないとも感じます。

逮捕された父親にとっては、実の子ではありませんでした。
母親にとって、実の子です。
でも、今回の犯行はそんなことは関係ありません。
我が子とか違うとかを超えた次元の犯行であり、
到底、人間の犯行とは信じられません。

そういうことを犯してしまった者が罪を償い、
長い年月をかけて反省し、
心から犯してしまった罪の重さを感じる日が果たして来るのでしょうか。

正直・・
僕は無理だと思う。

船戸結愛ちゃんのご冥福を、
心からお祈り申し上げます。


tani

2018.06.06 夏!
ここ数日の札幌中心部は連日の30度超えで、
すごーく暑い猛暑日です。

IMG_3563_convert_20180606234339.jpg

昨日と今日は、
東京よりも暑く沖縄と同じくらいの気温だったようです。
夕方には涼しくなりますが、
さすがに日中は暑い!

でも、暑さに強く夏が大好きな僕は、
快適です。
長期予報によると、今年の夏は暑い日が多いそうで、
今からウキウキ楽しみです。

今週は金曜日あたりから気温も下がり、
平年並みに戻る予報です。
ちょっと残念。

これから夏に向かっていく、
札幌の清々しいこの季節が大好きです。
今日から、YOSAKOIソーラン祭りも開幕し、
段々と盛り上がってきた感じがします。

明日も、良い日でありますように・・


tani
2018.06.05 命日
PB
今日、6月5日は、僕の祖母の命日です。
自宅の仏壇に手を合わせ、お墓参りに行ってきました。
この日は、極力、お墓に行くようにしています。

僕を高校生くらいまで育ててくれた、
大好きな祖母なんです。
やんちゃで反抗期の真っ最中でも、
祖母にだけは逆らいませんでした。
祖母には、僕の中で絶対的な存在だったのです。

両親は共働きで、家のことは祖母がしてくれました。
母方の祖父母と同居していました。
両親のことを今振り返ると、
僕たち家族を養う為に、懸命に働いてくれていました。

祖母は信仰深い人で、自宅にあった神棚や仏壇に、
よく手を合わせていたのを思い出します。

いつも、いろんな宗教の本を読んでいて、
ある時、いろいろな宗教を勉強したけれど、
結局は、どれも同じことを言っているようだって、
話をしていたことがあります。
今思えば、なるほどな・・って、
感じます。

亡くなって30年くらい経ちますが、
今でも、無性に会いたくなる時があります。
全てを包み込んでくれるような・・
なんとも言えない安心感のある人でした。

残念ながら今では会って会話ができません。
亡くなっているのですからでも・・・
今なお、僕のことを優しく見守ってくれているように、
思えてなりません。

ばあちゃん。
いつもありがとう。


tani

2018.06.03 父の病
PB
父に胃癌が見つかったのは、
約2年ほど前でした。
本当の初期で内視鏡で取り、
転移もなく無事に復帰しました。

ところが、昨年末にまた胃に癌が見つかったのです。
今回も初期でしたので、
内視鏡で取ることにしました。
どうやら父は胃に癌ができやすい体質のようでした。

今回も、無事に終わると思っていました。
何事もなく、終えて欲しいと願っていました。
ところが、胃の癌が取りきれていないことが発覚しました。

今度は、胃を半分切除するという外科手術。
さすがにショックで・・
父も落ち込んでいました。

早い方が良いので、早速手術。
手術は予定時間より大幅に超過しましたが、
なんとか無事に終えました。
4月中旬のことです。

切除した胃の精密検査の結果が、
先日出ました。
おかげさまで転移もなく、
完治です。

本当に、良かった。
今回の結果がでるまで、
あまり口には出さないものの・・
すごく心配でした。

術後、食事が大変です。
なにせ80歳で、胃を半分切除したのですから。
僕は30年くらい前に胃の3分の2と十二指腸を全部切除していますので、
その大変さ辛さは理解できます。

でも・・・
完治して本当に良かった。

父には、これと言ってまだ親孝行ができていません。
今尚、きっと心配をかけたりしているのだと思う。
でも、これからは、
穏やかに末長く暮らしていってほしい。
本当に、心からそう思うのです。

今日、そんな父は今年初めて、
趣味のパークゴルフに行ったようです。

自分の好きなことをして、
食べたいものを食べて。
穏やかに元気に暮らしていってほしいなと思う。

料理が苦手な母を思い、
そして父を気遣い、
妻が度々おかずを作って届けてくれます。

本当に、ありがとう。
その優しさが嬉しいし、
母も僕もとても感謝しています。

お父さん!
いつまでも元気で!
ね!!


tani

2018.05.31 のんびり急ぐ
早いもので、今日で5月も終わりです。
あっという間に、今年も半分が終わりそうで・・
驚愕しています。

1年も過ぎてしまえば実に早く、
1ヶ月なんて、ほんとすぐに経ってしまいます。
そう考えると、
1日なんかほんの一瞬で終えてしまうのかもしれません。

いかに、計画を立てるということが大切なのか、
それを実行していくということが難しいことなのか、
時の流れの速さに重ねて実感しています。

なかなか思い通りにことは運びませんが、
時間に流されることなく、
しっかりと、時を刻んでいかなければと思う。

いつだったか、
ある方に「のんびり急げ」と言われたことがあります。
最初は、何を言っているのかわかりませんでした。
でも、今は少しだけ理解できるような気がします。

心に余裕をもちつつどーんと構えて、
やるべきことをやるべき時にぱっとやる。
時間というものを上手に使う、
生き方の知恵なのかもしれません。


tani
2018.05.30 ニアミス
今の車とは、傷に縁深いのでしょうか・・・

昨年の9月に僕の車を入れ替えたのですが、
以来、ちょっとしたニアミスというか、
偶然というか何というか・・
やられます。

買って1ヶ月くらいだったでしょうか。
駐車場で隣の車にドアをぶつけられました。
新車を買って1ヶ月です。
しっかり傷が付いてしまいましたので、
そこはちゃんと修理してもらいました。

そして先月。
またまた駐車場で、
隣の車にドアをぶつけられたのです。
幸いにも軽く、許容範囲でした。

「気を付けてください」と伝え、
その場を終えました。
そして、今日。

4車線の広い道路を走行していると、
前方に工事の看板が見えてきました。
ちょうど始める準備をしているようで、
警備の男性が車線規制のコーンを置いているところでした。

工事車線にいた僕は、
余裕を持って左に移動しました。
横を通り過ぎようとしたその時・・
何を思ったのかコーンを横に大きく振ってきたのです。

僕の後輪にぶつかり、
ゴロゴロ音が鳴りました。
車を止めて確認すると、
擦り傷がしっかり付いていました。

今回は目の細かいコンパウンドで修復できましたので、
警備の男性に注意をして済ませました。

まだ1年も経っていないのに、
細かいニアミスが続いています。

前の車は7年くらい乗っていましたが、
ドアをぶつけられたのは2回くらいで、
それも無傷ですみました。
車との相性もあるのでしょうか。

お願いだから・・
もうやめて。


tani

> /body>