FC2ブログ
2018.12.14 命日
昨日は、祖父の命日でした。
例年の今頃の札幌はすでに結構な降雪もある時期なので、
命日にお墓参りはなかなかできていませんでした。

昨日、お墓のある墓地から6キロほどの場所に行くことになりました。
しかも、今年は雪がとても少ない。
これはチャンスと思い、お墓まで行ってきました。

IMG_4116_convert_20181214204300.jpg

少し積もってはいましたが、
革靴でも全く問題ないレベル。
無事に手を合わせてきました。

昨日の朝、出勤前に両親のところにある仏壇に線香をあげました。
その時に、母から祖父に関するある話を聞き、
祖父の存在をとても身近に感じていました。

なので、お墓参りに行った時、
祖父に見守られている気がしたのです。
きっと、見ていてくれている。
守ってくれている。
そう、感じました。

祖父はお寺の偉い住職さんのところに養子に入りました。
つまり僕のご先祖様は、そのお寺の住職でもあるのです。

そのようなこともあり、
祖父は仏教の世界に精通していたのでしょう。
きっと、天国でも、
修行に精進しているのかもしれません。

昨夜は僕が代表を務めるある中小企業家の団体の忘年会でした。
一つひとつ役割をこなしていくなかで、
いつも学びがあります。

代表の挨拶もしないといけません。
話すことを考える中で、今年1年を振り返ったり。
参加者の皆さんといろんな話ができたり。
そしてまた、次のお役割が増えたり。

今生も、日々精進ですね。

じいちゃん、いつもありがとう。


tani

2018.12.12 師走の日々
昨日から、社員がひとり増えました。
初出勤で、深夜23時まで残業って・・
申し訳ないやら助かるやらで、
でも助かります。

ずーっと忙しい日が続いており、
現場はパンク状態。
ちょっとだけゴールが見えてきたかなという感じです。
あと約2週間、それぞれの役割を全うしてほしいなと思う。

年末の挨拶回りも始まりましたが、
今年は雪が少なくて移動がとてもスムーズ。
でもこれから日に日に交通量も増え、
時間に益々終われることになります。

いまやれることを全力で取り組み、
心置きなく年の瀬を迎えられたらと思っています。

スキーもしたいので金曜から雪が降り、
平日は穏やかな空だと良いな・・って、
自分勝手な希望的観測をしているところ。

明日、12月13日。
僕の大切な大切な祖父の命日です。

夜は忘年会もあるけれど、
心を寄せて過ごそうと思う。


tani


2018.12.10 シーズンイン
PB
先週金曜日ころから本格的な降雪があり、
週末を利用して、今シーズンの初滑りに行ってきました。
場所は、札幌国際スキー場です。

久々のふかふかパウダースノーで、
存分に楽しめました。
やっぱりスキーは楽しい♪

一番のお気に入りは札幌藻岩スキー場なのですが、
今年の異常な雪不足で、
まだオープンしていませんでした。
でも、数日前からの本降りで・・
我慢しきれずちょっと足を伸ばして国際まで行ってきました。

行った甲斐がありました。
まだ混雑もしていなく、
リフトも待つことなく乗れました。
しかも、雪質はGOOD!

最初の1〜2本はちょっと息切れしましたが、
徐々に身体も慣れていきました。

IMG_4097_convert_20181210224116.jpg

こちら、唯一の上級コースからの眺め。
吹雪いてます。
国際スキー場はコースが長いのが魅力で、
リフトにはカバーがついていたりゴンドラが動いています。
なので、さほど寒さも感じません。

IMG_4098_convert_20181210224132.jpg

気が付けば、ナイターに突入。
でもまだ本格的なオープンではなく、
17時過ぎにリフトもゴンドラも終了。
もう1〜2本は滑りたかったな。

久々のスキーで少々筋肉通の、
今夜です。


tani

2018.12.07 YUJA WANG
数ヶ月前に札幌にオープンした市民交流プラザの中に、
大きな劇場ができました。
札幌文化芸術劇場「hitaru」といいう施設で、
4階建分を全て使用した、国内最大級だそうです。
設備も最新のものが導入されています。

当社のクライアントがこの施設のビックスポンサーになり、
色々と広告を手がけさせていただいております。

先日、オープニングシリーズとして、
ピアノリサイタルがあり、
僕も招待枠で聴きに行ってきました。

SKMBT_22318120723180_convert_20181207232111.jpg

「YUJA WANG」(ユジャ・ワン)という中国のピアニストで、
まだ若いのですが世界中で活躍するすごい女性でした。
僕はピアノの知識はほぼないに等しいのですが、
その僕が見てもすごいテクニックでした。

人間て、努力すればここまでできるのだどうかって、
素直に思いました。
いや、努力しても、ここまで完成はしないのでは、
やはり、持って生まれた才能が必要なのだと、
実感して聞き入ってしまいました。

IMG_4091_convert_20181207232051.jpg

IMG_4087_convert_20181207232035.jpg

道内で初のリサイタルらしく、
大きな会場がほぼ満席になりました。
すごい人気・・・

それにしても、素晴らしい劇場でした。
なかなか入る機会もないので、
じっくり味わってきました。

機会をいただいたクライアントさま、
ありがとうございました。


tani

2018.12.05 インバウンド
札幌には大勢の外国からの観光客があります。
いわゆるインバウンドです。
それが、胆振東部地震以降、
ほとんの見かけなくなってしまったのです。

観光が大きな産業になっている札幌そして北海道において、
とても大きな問題です。
これも、風評被害でしょうか。

震災直後に、
金融機関系のある経済評論家の話を聴く機会がありました。
熊本地震を例に、回復するまでには、
1年くらいかかるだろうと予測していました。
その時は、僕もそう感じていました。

それが、少しずつ・・
回復傾向にあるように思うようになりました。

たまにススキノに行く機会があるのですが、
ここ1ヶ月、アジア系の観光客を多く見かけるようになりました。
そして今日、ある忘年会でススキノでした。
そこには、震災前とは言いませんが、
かなりの外国人を見かけたのです。

確かに、国が支援している復興割の役割も、
大きいでしょう。
そして何よりも、
大きな余震がほとんど起きていないということではと、
感じます。

かと言って、私たちは史上初のブラックアウトを経験しました。
決して、安心安全が確約されたわけでもありません。
自然災害を忘れることなく、
この国に住み続けていくしかありません。

師走に入り慌ただしい日々が続きますが、
このまま静かに、年の瀬を迎えられたらと願っています。


tani


2018.12.05 家族の、宝
僕のブロ友mさんの愛犬ルルちゃんが、
12月2日に亡くなりました。
とても可愛いヨーキーで、
19歳3ヶ月の生涯を全うされました。

以前、我が家の愛犬プチョが急性腎不全を患い、
余命宣告をされました。
僕たち家族の涙が絶えないとても辛い日々を過ごす中、
mさんの励ましに、
僕はとても勇気をもらったのです。

実は、僕はプチョを家族に迎える前、
ヨーキーが欲しかった時期もありました。

また、そのmさんとはいろんな記念日が僕と同じで、
なにかmさんもルルちゃんも、
僕にとっては特別な存在でした。
それだけに、今回の訃報は胸が痛みます。

mさんのブログに度々登場するルルちゃん。
暖かい家族と一緒に楽しく過ごす様子が目に浮かびます。
ワンコは家族。
家族の宝とおっしゃるmさんの言葉には、
いつも共感しています。

ワンコの寿命を考えると、
19歳3ヶ月はすごいことです。
その陰には、楽しいこともあったと思いますが、
人間の老いと一緒です。
きっとお辛いこともあったことでしょう。

それでも、やはり、
家族にとっては、宝。
会話はできなくても、
心は、確かに通じるのです。

長い時を一緒に過ごす中で、
一体私たち家族は、
ワンコから、
どれだけの勇気と元気をもらえてることでしょう。

mさんご家族とルルちゃんの、
深い絆を感じるのです。

持論ではありますが、
ペットとの出会いも、ご縁だと思っています。
きっとmさんとルルちゃんも、
深いご縁があったのでしょう。

家族を失った悲しみは、家族にしかわからないとは言います。
それでも、悲しみを感じ心から祈ることはできるのです。
遠いい北の大地から・・
ルルちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

感謝。


tani

2018.12.03 三回忌
PB
昨日は、義父の三回忌の法要で、
妻の実家小樽に行きました。
今回は子どもたちもみんな予定が合い、
久々に家族で行ってきました。
じいちゃんも、きっと喜んでいたことと思う。

小樽では老舗のお寿司屋さんの握りと、
オードブルをいただきました。
さすが、ネタも新鮮で美味しかった。

IMG_4083_convert_20181203210940.jpg

IMG_4082_convert_20181203210920.jpg

本当の命日は1週間ほど先でしたが、
諸事情で昨日となりました。

あれから、3年。
鮮明に当時の記憶が蘇りますが、
時が経つのが、実に早いこと。

我が家の居間に義父の遺影があります。
いつも僕が座る椅子のすぐ横です。
フッとした瞬間に視界にはりますので、
たまに心で話しかけたりしています。

もう少し、話をしておけばよかったとか、
元気なうちに温泉でも連れていけばよかったとか、
やはり後悔ばかり。
でも、親孝行できた部分もあると思うし、
きっと、僕のことも、
ちゃんと理解してくれていると思う。

感謝。


tani
> /body>